平成27年度 東ティモールにおける能力構築支援事業(施設分野 他支援国との連携事業)東ティモール

事業の概要

実施期間 平成27年10月5日(月)~11月5日(木)
実施場所 東ティモール民主共和国 ヘラ海軍基地及び同周辺
派遣要員 陸上自衛官8名、内局国際政策課員1名
支援対象 東ティモール国防軍工兵
他支援国 豪州(主催、陸軍が参加)、米国(海軍及び海兵隊が参加)

事業紹介

 陸上自衛隊施設学校及び中央即応集団の要員が、東ティモールにおける施設分野の能力構築支援事業「HARII HAMUTUK(ハリィ・ハムトゥック)訓練」に参加しました。建設等の施設活動を通じて東ティモール国防軍工兵の能力向上を図るため、一昨年から豪軍主催により同様の事業が毎年行われてきたところ、我が国として本年初めて参加したものです。"HARII HAMUTUK"には、東ティモールの公用語であるテトゥン語で「共に築く」という意味があり、日米豪東ティモール4か国からの参加者約100名が、力を合わせ建設工事を行いました。なお、防衛省の能力構築支援における派遣事業としては、初めて女性自衛官が参加しました。

事業の様子


構築した基地宿舎


構築した基地教場


構築した診療所フェンス


構築した診療所倉庫


鉄骨の組み立て


水準器による垂直の確認


工具の使用法の指導


屋根の取り付け


足場の組み立て


防大卒の東ティモール軍人(写真奥)も
テトゥン語通訳として活躍


天井の塗装


通訳も仕上げ作業を支援


教場の基礎施工


コンクリートの打設準備


米海軍保有器材の操作要領を確認


製図のための測量


グラウンドの整地


通訳の女性自衛官も活躍


各国代表による定例の会議


日米豪大使及び東ティモール軍高官臨席で
行われた終了式


終了式でスピーチする日本大使


任務を終えた派遣要員

 

ページの先頭へ戻る