平成19年12月18日 護衛艦「こんごう」SM-3発射試験の結果について

 

SM-3ミサイル発射試験の結果について(平成19年12月18日)

イメージ写真
護衛艦「こんごう」 SM-3を発射する「こんごう」

 弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきたイージス護衛艦「こんごう」は、平成19年12月18日早朝(日本時間午前7時12分(現地時間17日午後0時12分))に、ハワイ・カウアイ島沖においてSM-3ミサイルの発射試験を実施し、カウアイ島から発射された模擬弾道ミサイルを大気圏外において海上から迎撃することに成功しました。


発射試験後の日米共同記者会見において演説する江渡防衛副大臣
(平成19年12月18日(火)(日本時間)於:ハワイ・カウアイ島)

 

ページの先頭へ戻る