平成26年度の防衛省環境月間及び防衛省環境週間について

1 趣旨

 防衛省は、平成13年度から、環境省が環境月間と定めている6月を「防衛省環境月間」に、また、防衛省独自の取組として秋季の一週間を「防衛省環境週間」に定め、防衛省職員一人一人が環境保全の重要性を認識し、そして行動の契機とするべく、様々な行事を実施しているところです。
 平成26年度においても、市ヶ谷地区を始めとする各機関等において、このような趣旨に則った各種行事が実施されました。

2 防衛省環境月間

市ヶ谷地区においては、次の行事を実施しました。

 低公害車の展示
  • 低炭素社会の実現に向けて期待される環境性能に優れた低公害車を展示することで、環境意識の啓発や知識の普及を図ったもの
  • 日時:6月18日(水)~20日(金)
  • 場所:厚生棟前広場
  • 展示台数:延べ20台
低公害車の展示
低公害車の展示
 講演会の開催
  • 外部講師による講演会の開催を通じて、気候変動が進行した将来の日本への影響やその適応策について考える契機を図ったもの
  • 日時:6月13日(金)
  • 場所:防衛省講堂
  • 講師:天達武史氏(気象予報士)
  • 演題:「天気の達人がみた最近の天気と地球環境の変化」
講演会
講演会
 環境コンサートの開催
  • 市ヶ谷台管弦楽団(職員約30名で構成)によるクラシック演奏の場を通じて、環境保全の重要性について、改めてその認識を深める契機としたもの
  • 日時:6月6日(金)
  • 場所:防衛省講堂
  • 曲目:ワーグナー/ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲 他
環境コンサートの開催
環境コンサートの開催
 環境保全関連施設の研修
  • 循環型社会の形成には、廃棄物の発生抑制、再使用、リサイクルの取組が重要であることから、同取組を実践している施設の研修を通じて、環境意識の啓発や知識の普及を図ったもの
  • 日時:6月25日(水)
  • 場所:品川清掃工場、中央防波堤
環境保全関連施設の研修
環境保全関連施設の研修

3 防衛省環境週間

 平成26年度は、11月25日(火)から11月28日(金)までの間を平成26年度防衛省環境週間と定め、防衛省環境月間同様、各機関等が目的に則した行事を実施しました。
 市ヶ谷地区においては、次の行事を実施しました。

 低公害車の展示
  • 環境性能に優れた低公害車の展示
  • 日時:11月27日(木)、28日(金)
  • 場所:厚生棟前広場
  • 展示台数:延べ15台
 環境コンサートの開催
  • 市ヶ谷台管弦楽団による演奏の場を通じ、環境保全について啓発を図ったもの
  • 日時:11月27日(木)
  • 場所:防衛省講堂
  • 曲目:ジョン・ウィリアムズ「スターウォーズ」組曲 他
 環境保全関連施設の研修
  • 究極のクリーンエネルギーと言われる水素を活用した燃料電池自動車や水素ステーションにおける低炭素社会実現への取組を研修し、環境意識の啓発を図ったもの
  • 日時:11月26日(水)
  • 場所:千住水素テクノステーション
環境保全関連施設の研修
環境保全関連施設の研修
 

ページの先頭へ戻る