日米安全保障体制の意義

1 我が国の平和と安全の確保

 現在の国際社会において、国の平和、安全および独立を確保するためには、核兵器の使用をはじめとする様々な態様の侵略から、軍事力による示威、恫喝に至るまで、あらゆる事態に対応できる隙のない防衛態勢を構築する必要です。しかしながら、米国でさえ一国のみで自国の安全を確保することは困難な状況にあります。ましてや、わが国が独力でこのような態勢を保持することは、人口、国土、経済の観点からも容易ではなく、必ずしも地域の安定に寄与するものではありません。
 このため、わが国は、民主主義、法の支配、人権の尊重、資本主義経済といった基本的な価値観や世界の平和と安全の維持への関心を共有し、経済面においても関係が深く、かつ、強大な軍事力を有する米国との安全保障体制を基調として、わが国の平和と安全を確保してきました。具体的には、日米安保条約第6条に基づき、米軍に対してわが国の施設・区域を提供するとともに、同第5条において、わが国に対する武力攻撃があった場合、日米両国が共同して対処することとしています。この米国の日本防衛義務により、仮にどこかの国がわが国に対して武力攻撃を企図したとしても、自衛隊のみならず、米国の有する強大な軍事力とも直接対決する事態を覚悟しなければならなくなります。この結果、相手国は侵略を行えば耐えがたい損害を被ることを明白に認識し、わが国に対する侵略を思いとどまることになります。すなわち、侵略は抑止されることになります。わが国としては、このような米国の軍事力による抑止力をわが国の安全保障のために有効に機能させることで、自らの適切な防衛力の保持と合わせて隙のない態勢を構築し、わが国の平和と安全を確保していく考えです。

2 我が国の周辺地域の平和と安定の確保

 日米安保条約第6条では、米軍に対するわが国の施設・区域の提供の目的として、「日本国の安全」とともに、「極東における国際の平和及び安全の維持」があげられています。これは、わが国の安全が、極東というわが国を含む地域の平和や安全ときわめて密接な関係にあるとの認識に基づくものです。
 わが国の周辺地域には、大規模な軍事力を有する国家などが集中し、核兵器を保有または核開発を継続する国家なども存在します。また、パワーバランスの変化にともない生じる問題や緊張に加え、領域主権や権益などをめぐり、いわばグレーゾーンの事態が生じやすく、これがさらに重大な事態に転じかねないリスクを有しています。こうした安全保障環境の中で、わが国に駐留する米軍のプレゼンスは、地域における様々な安全保障上の課題や不安定要因に起因する不測の事態の発生に対する抑止力として機能し、地域の諸国に大きな安心をもたらすことで、いわば公共財としての役割を果たしています。また、日米安保体制を基調とする日米両国間の緊密な協力関係は、わが国の周辺地域の平和と安定にとって必要な米国の関与を確保する基盤となっています。このような体制は、韓国、オーストラリア、タイおよびフィリピンなど地域諸国と米国の間で構築された同盟関係や、その他の国々との友好関係とあいまって、アジア太平洋地域の平和と安定に不可欠な役割を果たしています。

3 グローバルな安全保障環境の一層の安定化

 日米安保体制は、防衛面のみならず、政治、経済、社会などの幅広い分野における日米の包括的・総合的な友好協力関係の基礎となっています。日米安保体制を中核とする日米同盟関係は、わが国の外交の基軸であり、多国間の安全保障に関する対話・協力の推進や国連の諸活動への協力など、国際社会の平和と安定へのわが国の積極的な取組に役立つものです。
 現在、国際社会における安全保障上の課題として、大量破壊兵器や弾道ミサイルの拡散、国際テロ、海賊行為などへの対応があり、また海洋、宇宙、サイバー空間の安定的利用に対するリスクが新たな課題となってきています。こうしたグローバルな安全保障課題に一国で対応することはきわめて困難であり、関係する国々が平素から協力することが重要です。このような中で、日米の緊密な協力関係は、わが国がこのような課題に効果的に対応していくうえでも重要な役割を果たしています。
 特に、自衛隊と米軍は、日米安保体制のもと、平素から様々な面での協力の強化に努めています。こうした緊密な連携は、海賊対処など各種の国際的な活動において自衛隊と米軍が協力するうえでの基盤となっており、日米安保体制の実効性を高めることにもつながっています。
 国際社会の平和と繁栄は、わが国の平和と繁栄と密接に結びついています。したがって、わが国が、卓越した活動能力を有する米国と協力してグローバルな安全保障環境の一層の安定化のための取組を進めていくことにより、わが国の平和と繁栄はさらに確かなものとなります。

ページの先頭へ戻る