防衛政策

サブメニューへ移動

 我が国を取り巻く安全保障環境は、様々な安全保障上の課題や不安定要因がより顕在化・先鋭化してきており、一層厳しさを増しています。こうした安全保障上の課題や不安定要因は、多様かつ広範であり、一国のみでは対応が困難なため、安全保障上の課題等への対応に利益を共有する各国と地域・国際社会の安定のために協調しつつ積極的に対応する必要があります。ここでは、このような認識に基づいたわが国の安全保障を確保する方策、憲法と自衛権の関係及び防衛政策の基本並びに日米安保体制の意義について説明します。

防衛の基本的考え方

 ここでは、わが国の安全保障を確保する方策、憲法と自衛権の関係及び防衛政策の基本を説明します。

日米安全保障体制

 わが国はこれまで、外部からの侵略に対しては、わが国の平和と安全の確保のため、日本国憲法の下、独立国として必要最小限の基盤的な防衛力の整備に努めるとともに、日米安保体制を基調としてこれに対処することとしてきました。
ここでは、わが国の安全保障にとっての日米安保体制の今日における意義や役割などを説明します。

フッターへ移動

ページの先頭へ戻る