防衛生産・技術基盤研究会 開催要綱


(趣旨)
第1  防衛生産・技術基盤の実態を踏まえ、その在り方について討議し、もって防衛生産・技術基盤の維持・育成を図るため、防衛生産・技術基盤研究会(以下「研究会」という。)を開催する。
(構成)
第2  研究会は、経理装備局長が依頼する部外の有識者及び事務局をもって構成する。
  2 研究会に座長を置き、構成員(事務局にあっては、事務局長とする。第4項において同じ。)の互選により選任する。
3 研究会に座長代理一人を置く。
4 座長代理は、構成員のうちから、座長が指名する。
5 座長代理は、座長に事故があるときは、その職務を代理する。
(討議事項)
第3  研究会では、防衛生産・技術基盤の維持・育成を図るため、防衛生産・技術基盤の在り方について討議を行う。
(運営)
第4  研究会は、経理装備局長の要請により座長が招集する。
2 座長は、必要に応じ研究会の討議を整理し、経理装備局長に報告する。
(関係者の出席)
第5  座長は、必要があると認めるときは、関係者を出席させ、意見を述べさせることができる。
(事務局)
第6  研究会の事務を処理させるため、研究会に事務局を置く。
  2 事務局の構成は、次のとおりとする。
(1)事務局長
総合取得改革の推進に関することを総括整理する審議官
(2)事務局員
防衛政策局防衛計画課長、経理装備局会計課長、経理装備局装備政策課長、経理装備局システム装備課長、経理装備局艦船武器課長、経理装備局航空機課長、経理装備局技術計画官、統合幕僚監部首席後方補給官、陸上幕僚監部装備部長、海上幕僚監部装備部長、航空幕僚監部装備部長その他事務局長の指名する者
(雑則)
第7  この要綱に定めるもののほか、研究会の運営に関し必要な事項は座長が、事務局の運営に関し必要な事項は事務局長が定める。
附則
 この要綱は、平成22年11月25日から施行する。

ページの先頭へ戻る