自衛隊員倫理法に関する通報窓口(倫理ホットライン)

 倫理法等違反の早期発見と未然防止のため、倫理法等に関する違反行為に関する情報を広く受付ける通報窓口(倫理ホットライン)を設置しています。
 また、通報以外にも倫理法等に関する問合せも受付けております。

受付の対象

 自衛隊員が業者から金品の受領、接待を受けているなど自衛隊員倫理法に反すると疑われる行為です。

 一般服務に関する非違行為(パワハラ・セクハラ、秘密漏洩、職務怠慢、暴言など)については、このホットラインでは対応することができませんので、所属の人事担当部署や他のホットライン、公益通報窓口、部外の公益通報窓口などに連絡してください。

通報手段

匿名での通報も可能です。

ただし、違反行為に該当するものの調査の正確を期すため、詳細を確認させていただくために連絡先(電話、メールアドレス)を伺う場合もあります。

窓口


 ホットラインに連絡したことのみをもって、人事上不利益な取扱いを受けることはありません。

 違反行為が深刻な事態になる前に早期発見し、対応することで、違反行為に対する抑止及び公務に対する信用失墜の程度を最低限に抑えることとなります。

通報することに対して抵抗があるかも知れませんが、国民からの信頼確保のために違反行為を見かけたら通報してください。

ページの先頭へ戻る