飛行場周辺における環境整備の在り方に関する懇談会 議事要旨(第7回会合)

1.日時

平成14年4月26日(金)1500~1700

2.場所

防衛施設庁庁議室(D練6F)

3.出席者

委員
座長:青山 武憲(日本大学法学部教授)
座長代理:松本 英昭((財)自治総合センター理事長)
大串 康夫(石川島播磨重工業顧問)
岡田 康彦(住宅金融公庫副総裁)
山田 一郎((財)空港環境整備協会理事、航空環境研究センター所長)

防衛施設庁
防衛施設庁長官、次長、技術審議官、総務部長、施設部長、総括施設調査官、施設調査官(周辺対策、環境問題担当)

4.議題

  • (1)第6回懇談会議事要旨(案)の確認
  • (2)現地視察の報告

5.議事の概要

(1)第6回懇談会議事要旨(案)の確認
第6回懇談会の議事要旨(案)について、原案どおり了承された。
(2)現地視察の報告
三沢飛行場周辺の視察及び諸外国における軍用飛行場周辺の航空機騒音対策の実施状況について、事務局より報告された。

6.自由討議

  • 在日米軍に関する事故や騒音苦情を受付ける常設の窓口の設置が、周辺住民の不満解消につながるのではないか。
  • 住宅防音に関しては、一般住宅の高性能化に伴う対応として、2重防音サッシの取付等のメニューの多様化を検討すべきではないか。
  • 移転跡地について集団移転後のまとまった土地や都市部における虫食い的状態の土地等の有効利活用を図るために、地域住民のアイデアを募るなど積極的な対応が必要ではないか。

ページの先頭へ戻る