第16回防衛調達適正化会議 議事概要

 日 時: 平成12年9月20日(水)1000~1200
 場 所: 防衛庁A棟13階第2庁議室
 出席議員: 川井 健(議長)、水原敏博(議長代理)、上野紘志、江畑謙介、小林啓孝、清水俊行、松﨑 信
 概 要:
(1)  石油製品等の調達における改善措置について説明が行われた。
(説明内容の要旨)
 経緯等
 業態調査に係る改善措置
 予定価格算定に当たっての改善措置
 入札制度に係る改善措置
 入札経緯等の電子化
 監査・認証体制の充実
 教育研究の充実等
 マニュアルの作成
(主な意見)
 改善措置の実施に当たっては、関係職員への周知徹底を図るなどして意識改革を一層推進し、その着実な実施に万全を期すること。
 また、必要に応じ部外に協力する場合にあっても、実施の主体は防衛庁にあることを認識すること。
(2)  平成11年度防衛装備品等の契約に係るサンプリング調査等が行われ、主に以下のような指摘がなされた。
 特定業種の商習慣を考慮した計算については、その合理性につき他業種との整合性を検討するなどして、より適正な原価計算業務の実施に努めること。

ページの先頭へ戻る