第8回防衛調達審議会議事要旨

 

日時 平成13年10月17日(水) 15時00分~
場所 地方調達機関会議室
出席者
(委員) 水原会長代理 上野委員 江畑委員 清水委員 松﨑委員
(防衛庁) 中村防衛参事官 安藤原価管理課長 古川調達監察室長 折木陸上幕僚監部装備部長 川島海上幕僚監部装備部長 田母神航空幕僚監部装備部長 大崎統合幕僚会議事務局第4幕僚室後方補給計画調整官 末永技術研究本部総務部長 伊藤契約本部契約企画官
議題
(1) 平成12年度防衛装備品等の契約に係るサンプリング調査について
(2) 次回の日程等
議事概要
(1)  平成12年度防衛装備品等の契約に係るサンプリング調査について
 防衛庁側から3契約を対象として次の項目について説明が行なわれた後、主に以下の指摘があった。
調達品の概要
調達要求の概要等
(主な指摘事項)
 会社の見積価格と入札価格が大きく乖離している場合、その要因について調査・分析を行い適正な調達に努めるべきである。
 汎用品の価格調査を行なう場合、他の官公庁のみならず民間企業での購入実績価格等も調査し、適正な価格算定に努めるべきである。
 装備品の調達に際しては、早い時期に年間調達計画を策定し、必要数をまとめ市況等を考慮して調達するなど価格低減を図り、予算の効率的執行に努めるべきである。
 原価監査における原価の調整額や否認額については、その具体的な内容を記録した資料を整理すべきである。
(2) 次回の日程等
 次回は11月21日(水)に開催の予定。詳細については事務局から後日連絡。

ページの先頭へ戻る