実装チェックリスト(2015_No.32)

フッターナビへ移動

対象ページ:Ministry of Defense:Contacts
対象URL:http://www.mod.go.jp/e/c_us/index.html
試験日:2016年1月4日

実装チェック

達成基準チェックリストのページに戻る

7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:短い説明によって、非テキストコンテンツと同じ目的を果たし、同じ情報を提示できる場合:
1 img要素にalt属性がある AC  
2 applet要素にalt属性がある - AC  
3 object要素のボディに代替テキストを記述する - AF  
4 area要素にalt属性がある - AC  
5 img,area要素,appletのalt属性に適切な代替テキストを記述する。また、applet要素およびobject要素のボディに適切な代替テキストを記述する AF  
6 隣り合う画像とテキストのリンクが同一のhref属性値を持つ場合、画像とテキストを1つのa要素でマークアップする AF  
7 ASCIIアート、絵文字、及びリート語に代替テキストを提供する - AF  
8 a要素のリンクの目的を説明するテキストリンクを提供する - AF  
9 画像のグループにある一つの画像に代替テキストを提供して、そのグループのすべての画像を説明する - AF  
状況 B:短い説明によって、非テキストコンテンツと同じ目的を果たし、同じ情報を提示できない場合(例:チャート又はダイアグラム):
1 以下のいずれかの方法を用いて長い説明を提供する - AF  
・短い説明の中で長い説明の場所を示す
・非テキストコンテンツの隣に説明へのリンクを提供する
・object要素のボディに代替テキストを記述する
状況C: 非テキストコンテンツがコントロールである、又は利用者の入力を受け入れる場合:
1 type="image"のinput要素に、その目的を特定する代替テキストをalt属性として提供する - AF  
2-a label要素を用いて、テキストのラベルとフォーム・コントロールを関連付ける AC  
2-b label要素を用いることができないとき、title属性を用いてフォーム・コントロールを特定する AF  
状況D: 非テキストコンテンツが時間の経過に伴って変化するメディアである場合:
1 以下のいずれかの方式で、非テキストコンテンツの内容が分かるラベルを提供する。 - AF  
1.ライブの音声しか含まないコンテンツ及びライブの映像しか含まないコンテンツの目的を説明する
2.非テキストコンテンツの一般に認められた名前又は内容が分かる名前を提供する
状況E: 非テキストコンテンツが CAPTCHA である場合:
1 代替テキストを提供して、CAPTCHAの目的を説明し、異なるモダリティを用いて、同じ目的を果たすCAPTCHAをもう一つウェブページで提供する - AF  
状況F: 非テキストコンテンツを支援技術が無視するようにしなければならない場合:
1 支援技術が無視すべき画像の img要素は、alt属性値を空にして、title 属性を付与しない AF  
2 CSSで指定する画像は、装飾的なものだけである HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:収録済みの音声しか含まないコンテンツの場合:
1 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの音声しか含まないコンテンツに対して代替コンテンツ(書き起こしテキスト)を提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
状況B:収録済みの映像しか含まないコンテンツの場合:
1 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの映像しか含まないコンテンツに対して代替コンテンツ(書き起こしテキストまたは音声)を提供する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.2 収録済みの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの音声コンテンツに字幕(キャプション)を提供する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの映像コンテンツに代替コンテンツ又は音声ガイドを提供する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.4 ライブの音声コンテンツのキャプションに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 ライブの同期したメディアに対してキャプションを作成する、かつ、オープン・キャプション(常に表示)を提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
2 クローズド・キャプションをサポートするビデオ・プレーヤーのある、すぐに利用可能なメディア・フォーマットを用いて、ライブの同期したメディアに対してキャプションを作成する 、かつ、 クローズド・キャプションを提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
3 次のどれか一つを用いて、ライブの同期したメディアに対してキャプションを作成する、かつ、クローズド・キャプションを提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
・SMIL 1.0で同期したテキストストリームによるキャプションを提供する
・SMIL 2.0で同期したテキストストリームによるキャプションを提供する

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.5 収録済みの映像コンテンツの音声ガイドに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 音声ガイドを含んだ、利用者が選択可能な副音声トラックを提供する
映像の音声ガイド付きバージョンを提供する
拡張した音声ガイド付のムービーを提供する
- AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.6 収録済みの音声コンテンツの手話通訳に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 映像ストリームに手話通訳を含める
プレーヤーによって別のビューポートに表示する、又は画像上に重ねることのできる、手話通訳の同期した映像を提供する
- AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.7 収録済みの映像コンテンツの拡張した音声ガイドに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 拡張した音声ガイド付のムービーを提供する: - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.8 収録済みのメディアの代替コンテンツに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 時間の経過の伴い変化するメディアに対して代替コンテンツを提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
2 時間の経過に伴って変化するメディアの映像しか含まないコンテンツに対して代替コンテンツを提供する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.2.9 ライブの音声しか含まないコンテンツの代替コンテンツに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 予め用意されたスピーチ原稿のトランスクリプト、又は台本通りのコンテンツの場合には台本へのリンクを提供する
ライブの音声しか含まないコンテンツに対して、テキストベースの代替コンテンツを提供する
ライブの音声キャプションサービスをウェブページに組み込む
- AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:ウェブコンテンツ技術が、表現にしている情報及び関係性をプログラムが解釈可能にするセマンテックな構造を提供している場合:
1 セマンティックなマークアップを用いて、強調したテキスト又は特別なテキストを示す AC,AF,HC  
2 引用箇所がある場合、blockquote要素でセマンティックにマークアップする - AC,AF,HC  
3 引用箇所に参照情報がある場合、参照先をcite要素でセマンティックにマークアップする - AC,AF,HC  
4 下付き文字、上付き文字がある場合、それらをsub、sup要素でセマンティックにマークアップする - AF  
5 フォントの種類や形状で情報を伝えている場合、その情報をテキストで提供する - AF  
6 CSSを用いて構造と表現を分離する AC,AF  
7 色の手がかりを用いる場合には、セマンティックにマークアップする AF  
8 テーブルのマークアップを用いて、表の情報を提示する - AC  
9 caption要素を用いて、データテーブルの表題とデータテーブルを関連付ける AC,HC  
10 table要素の summary 属性を用いて、データテーブルの概要を提供する AC,HC  
11 データテーブルに列方向か行方向かあいまいな見出しセルがある場合、scope属性を用いて、見出しセルとデータセルを関連付ける AC,HC  
12 見出し構造が複雑で、scope属性だけでは見出しセルが指定できないデータテーブルでは、id属性及び headers 属性を用いて、データテーブルのデータセルを見出しセルと関連付ける - AC,HC  
13a label要素を用いて、テキストのラベルとフォーム・コントロールを関連付ける AC  
13b label要素を用いることができないとき、title属性を用いてフォーム・コントロールを特定する AC,AF  
14 optgroup要素を用いて、select要素内の option要素をグループ化する - AC,AF  
15 リストに、ol要素、ul要素、dl要素を用いる
リストのマークアップを用いて、リストの情報を提示する
AF  
16 h1要素~h6要素を用いて、見出しを特定する AF  
17 ページにコンテンツを追加する場合、DOM(ドキュメント・オブジェクト・モデル)を用いる - AF  
状況B:ウェブコンテンツ技術が、表現している情報及び関係性をプログラムが解釈可能にするセマンテックな構造を提供していない場合:
1 コンテンツがテキスト(非HTML)の場合、テキストの表現のバリエーションによって伝えている情報を標準的なテキストの記述方法を用いて伝達する - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.3.2 意味のある順序に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 コンテンツを意味のある順序で並べる HC  
2 単語の文字間にスペースやタグを用いない HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.3.3 感覚的な特徴に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 理解すべき情報を感覚的にだけ伝えることのないように、テキストでも情報を伝える AC,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.1 色の使用に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:特定の語句、背景、又は他のコンテンツの色を用いて情報を示している場合:
1 色の違いで伝えている情報をテキストでも入手可能にする AC,HC  
2 テキストの色の違いで情報を伝える際は、視覚的な手がかりを補足する AC,HC  
3 リンク又はコントロールを色だけで識別している箇所の視覚的な手がかりを補足するために、周囲にあるテキストとのコントラスト比を 3:1 以上にする - AC,HC  
状況B:情報を伝える画像の中で色を用いている場合:
1 色とパターンを併用する - HC  
2 色の違いで伝えている情報をテキストでも入手可能にする - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.2 音声制御に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 音声の再生を3秒以内に自動的に停止する
自動的に再生される音声を停止するコントロールを、ウェブページの先頭付近で提供する
利用者の要求に応じてのみ、音声を再生する
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.3 最低限のコントラストに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:太字でないテキストが18ポイント(日本語は22ポイント)未満、太字のテキストが14ポイント(日本語は18ポイント)未満の場合:
1 テキスト(及び画像化された文字)とその背景の間に、少なくとも4.5:1以上のコントラスト比をもたせる HC  
2 背景色及びテキストの色を指定せず、その初期設定を変更するウェブコンテンツ技術の機能を用いない - AC,AF  
3 十分なコントラスト比のあるコントロールを提供して、利用者が十分なコントラストのある表現に変換できるようにする - HC  
状況B:太字でないテキストが少なくとも18ポイント(日本語は22ポイント)以上、太字のテキストが少なくとも14ポイント(日本語は18ポイント)以上の場合:
1 テキスト(及び画像化された文字)とその背景の間に、少なくとも3:1以上のコントラスト比をもたせる HC  
2 背景色及びテキストの色を指定せず、その初期設定を変更するウェブコンテンツ技術の機能を用いない - AC,AF  
3 十分なコントラスト比のあるコントロールを提供して、利用者が十分なコントラストのある表現に変換できるようにする - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.4 テキストのサイズ変更に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 ズーム機能をサポートする一般に入手可能なユーザーエージェントのあるウェブコンテンツ技術を用いる - AC,AF  
2 テキストのサイズを変更した際に、テキスト・コンテナもサイズ変更するようにする、かつ、次の実装方法の一つ以上を用いて、コンテンツにあるその他の大きさと相対的な大きさにする
em単位を用いて、テキストコンテナのサイズを指定する (CSS) 相対的な大きさの実装方法:
・パーセントを用いてフォントサイズを指定する (CSS)
・キーワードを用いてフォントサイズを指定する (CSS)
・em単位を用いてフォントサイズを指定する (CSS)
テキスト・コンテナのサイズを可変にする実装方法:
・テキストサイズに応じて拡大するように、サイズ及びポジションを定める (Scripting)
・リキッドレイアウトを用いる
- AC,AF  
3 利用者がウェブページ上のすべてのテキストを200%まで徐々に変更できるコントロールをウェブページ上で提供する × AC,AF  
4 文字サイズを変更しても、テキストコンテナのサイズが変更されない際に、コンテンツ又は機能が損なわれないようにする × AC,AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.5 画像化された文字に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 CSSを用いて、テキストの視覚的な表現を制御する (CSS) - AC,AF,HC  
2 CSSを用いて、テキストを画像化された文字に置き換え、変換するユーザーインタフェースコントロールを提供する (CSS) - AC,AF,HC  
3 情報と構造を表現から分離して、異なる表現を可能にする AC,AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.6 より十分なコントラストに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:太字でないテキストが18ポイント(日本語は22ポイント)未満、太字のテキストが14ポイント(日本語は18ポイント)未満の場合:
1 テキスト(及び画像化された文字)とその背景の間に、少なくとも7:1以上のコントラスト比をもたせる HC  
2 背景色及びテキストの色を指定せず、その初期設定を変更するウェブコンテンツ技術の機能を用いない - AC,AF  
3 十分なコントラスト比のあるコントロールを提供して、利用者が十分なコントラストのある表現に変換できるようにする - HC  
状況B:太字でないテキストが少なくとも18ポイント(日本語は22ポイント)以上、太字のテキストが少なくとも14ポイント(日本語は18ポイント)以上の場合:
1 テキスト(及び画像化された文字)とその背景の間に、少なくとも4.5:1以上のコントラスト比をもたせる HC  
2 背景色及びテキストの色を指定せず、その初期設定を変更するウェブコンテンツ技術の機能を用いない - AC,AF  
3 十分なコントラスト比のあるコントロールを提供して、利用者が十分なコントラストのある表現に変換できるようにする - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.7 小さい背景音又は背景音なしに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 発話ではない音が発話の音声コンテンツより少なくとも20デシベル以上低くなるように、音声ファイルを編集する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.8 視覚的な表現に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
使用法: これは複数の要件から成る達成基準なので、次の要件それぞれについて、番号付きの項目の中から1つを満たさなければならない。
要件 1: 前景色及び背景色を利用者が選択可能にする実装方法:
1 1.メインコンテンツのテキスト及び背景の色を指定せず、バナー、特集記事及びナビゲーションなどのようにメイン ではないコンテンツのテキスト及び背景の色をCSSで指定する × AC,HC  
2. CSSで、テキスト及び背景の色は指定せずに、ウェブページの各領域の範囲を明確にするためのボーダーやレイアウトを指定する
3. 一般に入手可能なユーザーエージェントで、テキストのブロックの前景及び背景を変更できるウェブコンテンツ技術を用いる
4. 背景色及びテキストの色を指定せず、その初期設定を変更するウェブコンテンツ技術の機能を用いない
5. 背景及び前景の色を複数から選択できるツールをウェブページ上で提供する
要件 2: 幅が図形記号を含めて80文字以下(中国語、日本語、韓国語の場合は40文字以下)になるようにする実装方法:
1 1.閲覧している画面の幅を狭めた際に、ユーザーエージェントによるテキストの折り返しを妨げない AC,HC  
2. カラム幅に相対サイズを用いて、ブラウザの画面サイズを変更しても各行の文字数が平均80字(日本語は40字)以下を維持できるようにする
要件 3: テキストを均等割り付け(左右両端揃え)にしないようにする実装方法:
1 1.CSSでテキストの配置を左寄せ又は右寄せに指定する AC,HC  
2. テキストの両端揃えを解除するメカニズムを提供する
3. テキストを左寄せ又は右寄せにする
要件 4: 段落内の行送り幅(行間隔)が少なくとも1.5文字分、及び段落の間隔がその行送り幅の少なくとも1.5倍になるようにする実装方法:
1 1.行送りや段落の間隔を広げるボタンをウェブページ上に提供する AC,HC  
2. 行送りをCSSで指定する
要件 5: 利用者が全画面表示にしたウィンドウで1行のテキストを読む際に横スクロールする必要がない状態で、支援技術を用いなくてもテキストを200%までサイズ変更できるようにする実装方法:
1 1.閲覧中のウィンドウ幅を狭くしたときに、ユーザーエージェントによるテキストの折り返しを阻まない AC,HC  
2. リキッドレイアウトを用いる、かつ次の実装方法の一つ以上を用いて、コンテンツにあるその他の大きさと相対的な大きさにする:
・パーセントを用いてフォントサイズを指定する
・キーワードを用いてフォントサイズを指定する
・em単位を用いてフォントサイズを指定する
・コンテナのサイズにCSSのパーセント値を用いる
・テキストサイズに応じて拡大するように、サイズ及びポジションを定める
3. 利用者が1行のテキストを読むのに横スクロールしないですむレイアウトに変換するオプションをコンテンツ内で提供する

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.1.4.9 画像化された文字に関する例外のない達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 CSSを用いて、テキストの視覚的な表現を制御する AF,HC  
2 CSSを用いて、テキストを画像化された文字に置き換え、変換するユーザーインタフェースコントロールを提供する - AF,HC  
3 情報と構造を表現から分離して、異なる表現を可能にする AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.1.1 キーボード操作に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 イベントハンドラでJavaScriptを用いて制御している場合、キーボードで操作できることを確認する。
ただし、軌跡に依存した入力を要する機能(お絵描きプログラム等)は除く
AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.1.2 フォーカス移動に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1-a ユーザーがコンテンツ内に閉じ込められないようにする HC  
1-b 操作が修飾キーを伴わない矢印キー、修飾キーを伴わないTabキー、又はフォーカスを外すその他の標準的な方法で不可能な場合、キーボード・フォーカスをそのコンポーネントから外す方法を知らせる - AC,AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.1.3 キーボード操作に関する例外のない達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 1.この達成基準には、特に追加された実装方法があるわけではない。達成基準 2.1.1 の実装方法を参照のこと。アナログで時間の経過に依存した入力があるためにその実装方法が不可能な場合は、このレベル AAA の達成基準に適合することはできない。 HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.2.1 調整可能な制限時間に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況 A:セッションの制限時間がある場合:
1 複数の画面で構成されるフォームの最初のページに、利用者がセッションの制限時間を延長又は解除できるチェックボックスを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
2 利用者が制限時間を解除できる手段を提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
状況 B:制限時間がページ上のスクリプトで制御されている場合:
1 利用者が制限時間を解除できる手段を提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
2 利用者が初期設定の制限時間を10倍に設定できる手段を提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
3 制限時間が切れようとしていることを利用者に警告するスクリプトを提供する及び利用者が初期設定の制限時間を延長できるようにする - HC 対象コンテンツを含まない。
状況 C:コンテンツを読むのに制限時間がある場合:
1 コンテンツを一時停止させて、一時停止させたところから再開できるようにする - HC 対象コンテンツを含まない。
2 利用者が制限時間を解除できる手段を提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
3 スクリプトを用いてコンテンツをスクロールし、それを一時停止できるメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
4 静的なウィンドウ又はエリアにある、動きのあるテキスト、スクロールするテキスト、又は自動更新されるテキストを利用者が表示できるメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.2.2 一時停止,停止及び非表示に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 コンテンツを一時停止させて、一時停止させたところから再開できるようにする - HC 対象コンテンツを含まない。
2 スクリプトを用いてコンテンツをスクロールし、それを一時停止できるメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
3 5秒未満で点滅が終わるようにコンテンツを制作する - HC 対象コンテンツを含まない。
4 ユーザーエージェントによって点滅するコンテンツを停止できるウェブコンテンツ技術を用いる - HC 対象コンテンツを含まない。
5 数回のループ後(5秒以内)に停止するように、アニメーションGIFを設定する - HC 対象コンテンツを含まない。
6 スクリプトを用いて、点滅を制御し、5秒以内に停止させる - HC 対象コンテンツを含まない。
7 動きのあるコンテンツ、点滅するコンテンツ、又は自動更新されるコンテンツを停止させるコントロールを用いる - HC 対象コンテンツを含まない。
8 点滅するコンテンツのないページを読み込むリンク、ボタン、又はその他のメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.2.3 制限時間なしに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 利用者が制限時間なしでタスクを完了できるようにする - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.2.4 中断に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 コンテンツの更新を延期するメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
2 自動的に更新するのではなく、利用者がコンテンツの更新を要求するメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
3 スクリプトを用いて、不可欠ではないアラートの表示を任意にする - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.2.5 再認証に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 利用者が再認証した後に利用できるようにデータを保存する - HC 対象コンテンツを含まない。
1 利用者のデータを、再認証したページで非表示データ又は暗号化されたデータとしてエンコードする - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.3.1 3回のせん(閃)光又はいき(閾)値以下に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 どの1秒間においても、コンテンツに3回よりも多く閃光を放つコンポーネントがないことを確認する - AF 対象コンテンツを含まない。
2 閃光を放つエリアを十分に小さくする - AF 対象コンテンツを含まない。
3 ツールを用いて、コンテンツが一般閃光閾値及び赤色閃光閾値を越えていないことを確認する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.3.2 3回のせん(閃)光に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 どの1秒間においても、コンテンツに3回よりも多く閃光を放つコンポーネントがないことを確認する - AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 次の実装方法の中から一つを用いて、繰り返されるブロックをスキップするリンクを作成する:
・メインコンテンツエリアへ直接移動するリンクを各ページの先頭に追加する
・繰り返しているコンテンツのブロックの開始位置に、そのブロックの終了位置へのリンクを追加する
・ページの先頭に、コンテンツの各エリアへのリンクを追加する
AC,AF 対象コンテンツを含まない。
2 次の実装方法の中から一つを用いて、スキップ可能な方法で繰り返されるブロックをグループ化する:
・コンテンツの各セクションの開始位置に見出し要素を提供する (HTML)
・構造を示す要素を用いて、リンクをグループ化する (HTML)
・フレームを用いて、繰り返されているコンテンツのブロックをグループ化する (HTML) 、かつ、frame要素及びiframe要素のtitle属性を用いる (HTML)
・展開可能及び折り畳み可能なメニューを用いて、コンテンツのブロックをバイパスする (Scripting)
- AC,AF 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.2 ページタイトルに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 title要素を用いて、コンテンツの内容が分かるページタイトルを提供する AC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.3 フォーカス順序に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 ウェブページが順番にナビゲートできて、そのナビゲーション順序が意味又は操作に影響を及ぼす場合、フォーカス可能なコンポーネントは意味及び操作性を保持した順序でフォーカスを受け取るようにする HC  
2 以下のいずれかを用いて、ウェブページを動的に変化させる
1) 動的なコンテンツをDOMのトリガーとなる要素の直後に挿入する
2) デバイス非依存の方法でカスタム・ダイアログを作成する
3) DOMを用いて、ページ上にある複数のセクションを並び替える
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.4 文脈におけるリンクの目的に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 以下のいずれかを用いて、リンクの目的を特定する
1) a) b)を用いてリンクの目的を説明したリンクのラベルを提供する
  a) a要素のリンクの目的を説明するテキストリンクを提供する
  b) イメージマップの area要素に代替テキストを提供する
 2) リンクのラベルとそれが含まれている文章中のテキストとを組み合わせる
 3) リンクのラベルとそれが含まれているリスト項目とを組み合わせる
 4) リンクのラベルとそれが含まれている段落とを組み合わせる
 5) リンクのラベルとそれが含まれているデータセル及び関連づけられた見出しセルとを組み合わせる
 6) リンクのラベルとその直前にある見出し要素とを組み合わせる
 7) 入れ子になったリスト項目にあるリンクのラベルとその親のリスト項目とを組み合わせる
 8) CSSを用いて、リンクの目的の説明を補足したリンクテキストの一部を非表示にする
AC,AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.5 複数の到達手段に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 次の実装方法のうち2つ以上を用いる:
・関連するウェブページへナビゲートするリンクを提供する
・目次を提供する
・サイトマップを提供する
・検索機能を提供して、利用者がコンテンツを見つけるのを手助けする
・他の全てのウェブページへのリンク一覧を提供する
・HOMEページからサイト上の全てのウェブページにリンクする
HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.6 見出し及びラベルに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 内容が分かる見出しをつける HC  
2 目的や内容が分かるラベルを提供する HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.7 視覚的に認識可能なフォーカスに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 フォーカスを受け取った際に、ユーザーエージェントによって強調されるユーザーインタフェースコンポーネントを用いる HC  
2 CSSを用いて、ユーザーインタフェースコンポーネントがフォーカスを受けとったときの表示を変更する HC  
3 視認性に優れた標準のフォーカスインジケータが引き継がれるように、プラットフォーム標準のフォーカスインジケータを用いる - HC  
4 コンテンツ制作者が提供する視認性に優れたフォーカスインジケータを用いる - HC  
5 スクリプトを用いて、フォーカスのある要素の背景色又はボーダーを変更する - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.8 現在位置に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 パンくずリストを提供する HC  
2 サイトマップを提供する HC  
3 ナビゲーションバー内で現在位置を示す - HC  
4 技術特有の実装方法を用いて、そのウェブページとその他の多くのウェブページとの関係を示す
・link要素及びナビゲーションツールを用いる
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.9 リンクの目的に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 次の実装技術の一つを使用することでリンクの目的を説明したリンクテキストを提供する :
・a要素のリンクの目的を説明するテキストリンクを提供する
・イメージマップの area要素に代替テキストを提供する
HC  
2 次の技術特有の実装方法の一つを用いて、利用者が短めのリンクテキスト又は長めのリンクテキストを選べるようにする:
・ウェブページの先頭近くに、リンクのラベルを変更するコントロールを提供する
・スクリプトを用いて、リンクのラベルを変更する
- HC  
3 次の実装方法の一つを用いて、リンクの目的を補足説明する:
・CSSを用いて、リンクテキストの一部を非表示にする
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.2.4.10 セクション見出しに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 見出しを用いてウェブページを構造化する × AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.1 ページの言語に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 html要素の言語属性を用いる AC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 以下のいずれかの方法を用いて自然言語の変化を維持する:
・言語属性を用いて、自然言語の変更を指定する (HTML)
AC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.3 一般的ではない用語に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:単語又は語句にそのウェブページ特有の意味がある場合:
1 ウェブページ上で単語や語句の初出時に、以下のいずれかの方法で一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:
・定義にリンクする
 ◦定義リストを用いる (HTML)
 ◦link要素を用いて、用語集にリンクする (HTML)
・インラインの定義を用いる
 ◦dfn要素を用いて、単語の定義対象を特定する (HTML)
- HC  
2 以下のいずれかの方法を用いて、その単語又は語句がウェブページ上に出現する度に一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:
・定義にリンクする
 ◦定義リストを用いる (HTML)
 ◦link要素を用いて、用語集にリンクする (HTML)
・用語集を用いる
・オンライン辞書を検索する機能を提供する
- HC  
状況B:単語又は語句の意味が、同じウェブページ内で異なる場合:
1 1.以下のいずれかの方法を用いて、その単語又は語句がウェブページ上に出現する度に一般的ではない、又は限定された用法で用いられている単語や語句の定義を提供する:
・定義にリンクする
 ◦定義リストを用いる (HTML)
 ◦link要素を用いて、用語集にリンクする (HTML)
・インラインの定義を用いる
 ◦dfn要素を用いて、単語の定義対象を特定する (HTML)
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.4 略語に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:略語がそのウェブページ内で一つの意味しか持たない場合:
1 ウェブページ上で略語の初出時に、以下のいずれかの方法で略語の元の語又は説明を提供する:
・元の語のすぐ後に略語を提供する
・定義にリンクする
・abbr要素及びacronym要素を用いて、 略語の定義を提供する (HTML)
HC  
2 以下のいずれかの方法を用いて、その略語がウェブページ上に出現する度に略語の元の語又は説明を提供する:
・定義にリンクする
・用語集を用いる
・link要素を用いて、用語集にリンクする (HTML)
・オンライン辞書を検索する機能を提供する
・abbr要素及びacronym要素を用いて、略語の定義を提供する (HTML)
- HC  
状況B:略語が同じウェブページで異なるものを意味している場合:
1 以下のいずれかの方法を用いて、その略語がウェブページ上に出現する度に略語の元の語又は説明を提供する:
・定義にリンクする
・abbr要素及びacronym要素を用いて、略語の定義を提供する (HTML)
- HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.5 読解レベルに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 中学校教育レベルを超えた読解力を必要としないテキストで要約を提供する × HC  
2 アイデア、事象及びプロセスの説明を理解しやすくするために、視覚的な図画、写真及びシンボルを提供する - HC  
3 テキストの音声バージョンを提供する - AF,HC  
4 テキストを読みやすくする - HC  
5 コンテンツを利用するのに理解が不可欠な情報、アイデア及びプロセスの手話バージョンを提供する - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.1.6 発音及び読み仮名に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 単語のすぐ後に発音(読み)を提供する - HC  
2 発音(読み)にリンクする - HC  
3 そのコンテンツ特有の発音があったり、発音で意味が変わるような単語の発音に関する情報を含む
・用語集を用いる
- HC  
4 次に挙げる、技術特有の実装方法を用いて、発音の情報を提供する:
・ruby要素を用いる (HTML) (XHTML 1.1)
・オフにすることが可能な標準的な発音区別符号を用いる
- AC,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.2.1 オンフォーカスに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 状況の変化を生じるトリガーには、"focus"ではなく、"activate"を用いる AC,AF,HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.2.2 ユーザインタフェースコンポーネントによる状況の変化に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 状況の変化を開始する際は、実行ボタンを提供する。
状況の変化を開始する実行ボタンを提供できない場合、状況の変化を引き起こすフォームのコントロールが変化する前に、何が起こるのかを説明する
AC,AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 繰り返されるコンポーネントが表示されるたびに、それを相対的に同じ順序で提示する HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.2.4 一貫した識別性に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 同じ機能を有するコンテンツに対して、一貫したラベル、識別名及び代替テキストを用いる HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.2.5 利用者の要求による状況の変化に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:ウェブページが自動更新を行う場合:
1 自動的に更新するのではなく、利用者がコンテンツの更新を要求するメカニズムを提供する - HC 対象コンテンツを含まない。
状況B:自動リダイレクトが可能な場合:
1 クライアントサイドではなく、サーバサイドで自動リダイレクトを実装する (SERVER) - HC  
2 以下のいずれかの方法を用いてクライアントサイドの瞬間的なリダイレクトを用いる:
・meta要素のrefreshを用いて、クライアントサイドで瞬間的にリダイレクトする (HTML)
- HC  
状況C:ウェブページがポップアップウィンドウを用いる場合:
1 次の実装方法の一つを用いてポップアップウィンドウを表示する:
・target属性を用いて、利用者の要求に応じて新しいウィンドウを開き、そのことをリンクテキストで明示する (HTML)
・プログレッシブ・エンハンスメントを用いて、利用者の要求に応じて新しいウィンドウを開く (Scripting)
- HC  
状況D:select要素上でonchangeイベントを用いる場合:
1 状況の変化を引き起こすことのないように、select要素のonchangeイベントを用いる (Scripting) - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.1 入力エラー箇所の特定に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:フォームが利用者からの情報が必須である入力フィールドを含む場合:
1 未入力の必須項目を特定するための説明テキストを提供する - HC  
状況B:利用者によって提供される情報が、特別なデータフォーマットか特定の値であることが求められる場合:
1 要求されたフォーマットまたは値でないことを説明するテキストを提供する - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.2 ラベル又は説明文に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 以下のいずれかを用いて、目的や内容が分かるラベルを提供する
1.データ形式および入力例を提供する
2.フォーム又はテキストフィールド一式の先頭で、必須項目に関する説明文を提供する
3.入力項目とラベルの関係がよく分かるように配置する
4.未入力の必須項目を特定するための説明テキストを提供する
- HC  
2-a label要素を用いて、テキストのラベルとフォーム・コントロールを関連付ける AF  
2-b label要素を用いることができないとき、title属性を用いてフォーム・コントロールを特定する AF  
3 フォームのコントロールがあるグループを形成している場合、fieldset要素及びlegend要素を用いて、フォーム・コントロールのグループに関する説明を提供する - AF  
4 ラベルを用いることができない場合、隣接するボタンを用いて、テキスト・フィールドの目的をラベル付けする。
ただし、その他の実装方法が適用できない場合にだけ用いる「最後の手段」であること
- AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.3 入力エラー修正方法の提示に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:必須のフィールドに情報が入力されていない場合:
1 入力が完了していない必須項目を特定するために、テキストの説明文を提供する - HC  
状況B:フィールドの情報に、特別のデータフォーマットが要求される場合:
1 利用者の入力が要求されたフォーマット又は値ではなかった際に、テキストの説明文を提供する - AF  
2 テキストの修正候補を提示する - AF  
3 クライアントサイドのバリデーション及びアラートを提供する (Scripting) - AF  
4 クライアントサイドのバリデーションを提供し、DOMを介してエラーテキストを追加する (Scripting) - AF  
状況C:利用者の入力する情報は、複数の限定された値のうちの一つであることが要求される場合:
1 利用者が認められた値以外の情報を提供した際に、テキストの説明文を提供する - AF  
2 テキストの修正候補を提示する - AF  
3 クライアントサイドのバリデーション及びアラートを提供する (Scripting) - AF  
4 クライアントサイドのバリデーションを提供し、DOMを介してエラーテキストを追加する (Scripting) - AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.4 法的義務,金銭的取引,データ変更及び回答送信のエラー回避に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:アプリケーションで、購入又は所得税申告の提出のように、法的なトランザクションが発生する場合:
1 フォームの送信後に、利用者が注文を変更又はキャンセルできる一定の時間を提供する - AF 対象コンテンツを含まない。
2 送信する前に、利用者が回答を確認及び修正できるようにする - AF  
3 送信ボタンに加えてチェックボックスを提供する - AF  
状況B:利用者のアクションによって情報が削除される可能性がある場合:
1 消去した情報を元に戻せるようにする - AF  
2 選択されたアクションを続行するために確認を求める - AF  
3 送信ボタンに加えてチェックボックスを提供する - AF  
状況C:ウェブページに試験を実施するアプリケーションがある場合:
1 送信する前に、利用者が回答を確認及び修正できるようにする - AF  
2 選択されたアクションを続行するために確認を求める - AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.5 ヘルプに関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
状況A:フォームがテキスト入力を求める場合:
1 すべてのウェブページにヘルプへのリンクを提供する - HC  
2 ウェブページでアシスタントによるヘルプを提供する - HC  
3 スペルチェック機能を提供し、テキスト入力の修正候補を提示する - HC  
4 フォーム又はテキスト・フィールド一式の先頭に、必要とされる入力フォーマットを説明するテキストの説明文を提供する × HC  
状況B:フォームが所定のデータフォーマットでのテキスト入力を求める場合:
1 求められるデータ形式及び入力例を提供する - HC  
2 フォーム又はテキスト・フィールド一式の先頭に、必要とされる入力フォーマットを説明するテキストの説明文を提供する - HC  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.3.3.6 エラー回避に関する例外のない達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 利用者に情報の送信を要求するすべてのフォームにおいて、sufficient techniques for Success Criterion 達成基準3.3.4を満たすことのできる実装方法に従うこと。 - HC 対象コンテンツを含まない。

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.4.1.1 構文解析に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1 ページをバリデートし、問題がない事を確認する。
ページがバリッドでない場合、少なくとも下記のいずれかを満たすこと
1. 開始タグ及び終了タグが仕様に準じており、属性値のクオーテーションが正しく組になっていること
2. ページがwell-formedであること
AC,AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る

7.4.1.2 プログラムが解釈可能な識別名,役割及び設定可能な値に関する達成基準

項番 実装方法 適用 適合 試験方法 備考
1-a 標準的な HTML のコントロールだけを用いる AC,AF,HC  
1-b スクリプトやプログラム技術を用いたコンポーネントを用いている場合、WCAG 2.0またはJIS X8341-3:2010に準拠していることが確認されたものを使う - AF  
2 DOM(ドキュメント・オブジェクト・モデル)を用いて、ページにコンテンツを追加する(Scripting) - AF  

達成基準チェックリストのページに戻る
ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ戻る