第101処理隊長の紹介

Commanding officer,101st Exposive Ordnace Disposal

ホームページをご覧の皆様、こんにちは、第101不発弾処理隊長の髙谷2佐です。

県民の皆様には、常日頃から不発弾処理に関するご理解、ご協力を賜り感謝申し上げます。沖縄県における陸上自衛隊唯一の不発弾処理隊として、「安全確実」を合言葉に隊員一丸となって不発弾処理に全力で邁進する所存です。引き続き、皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

    
氏 名 髙谷 勝義(たかや かつよし)
生年月日 昭和41年生まれ
陸上自衛隊高等工科学校 28期

主要経歴

平成 5年
3月
第1後方支援連隊武器隊
平成11年
3月
武器学校研究部研究員
平成15年
3月
補給統制本部 部弾薬部使用書班長      
平成16年
3月
武器学校付(幹部特修課程学生)      
平成17年
3月
第6後方支援連隊武器大隊第2中隊長      
平成18年
3月
第6後方支援連隊第2整備大隊第1普通科直接支援中隊長      
平成19年
3月
陸上幕僚監部装備計画部武器・化学課弾薬班技術担当      
平成22年
8月
陸上幕僚監部付(防衛省防衛政策局国際政策課)      
平成24年
8月
第7後方支援連隊第2整備大隊長      
平成27年
3月
補給統制本部 弾薬部技術課長
平成29年
3月
現 職     
      
 
第101処理隊ホームページ
    
    ↓↓