陸上自衛隊 退職自衛官雇用ガイド
陸上自衛隊トップへ
退職自衛官雇用のメリット
即戦力となる資質専門的な知識・技能再就職の実績地方公共団体で活きる能力

専門的な知識・技能

■ 陸上自衛隊の職種と専門的な職域

陸上自衛隊は約15万人の隊員を保有し、その職種は15種類あります。

それぞれの職種は、職種特有の専門職域のほか、各職種に共通する職域(総務、人事、情報、企画、教育・訓練、運用、後方支援、通信、法務等)を有し、幅広い分野で企業の多種多様なニーズに応えることができます。


普通科

地上戦等の骨幹部隊として、作戦戦闘に決着をつける重要な役割を果たします。迫撃砲、対戦車ミサイル、装甲戦闘車などに関する専門的な職域があります。

機甲科

戦車部隊と偵察部隊があり、戦車部隊は装甲防護力、正確な火力、優れた機動力を発揮します。戦車の操縦・整備、オートバイ偵察などに関する専門的な職域があります。

野戦特科

火力戦闘部隊として大量の火力を随時随所に集中して広域な地域を制圧します。各種の火砲・ミサイル、測量、レーダーなどに関する専門的な職域があります。

高射特科

対空戦闘部隊として航空機等に対し迅速に射撃を行うとともに広範囲に対空情報活動を行います。対空レーダー、各種対空ミサイルなどに関する専門的な職域があります。

施設科

各種施設器材をもって障害の構成・処理、陣地の構築、渡河、交通、建設の諸作業を行います。施設機械の操作・整備、測量、橋梁などに関する専門的な職域があります。

航空科

各種ヘリコプターをもって航空偵察、部隊輸送、物資輸送、航空火力戦闘などを行います。ヘリコプターの操縦・整備、航空管制・気象などに関する専門的な職域があります。

通信科

部隊間の通信確保のほか、写真・映画の撮影処理、通信機材の補給・整備などを行います。通信電子器材の操作・整備、暗号電信などに関する専門的な職域があります。

科学科

各種化学器材をもって有毒化学剤、放射性物質等で汚染された地域・人・装備品等の除染などを行います。化学器材の操作・整備などに関する専門的な職域があります。

武器科

火器、車両、誘導武器、弾薬の補給・整備、不発弾処理などを行います。各種の火器、車両、誘導武器、弾薬の整備などに関する専門的な職域があります。

需品科

糧食、燃料、需品器材や被服の補給・整備、給水・入浴・洗濯等を行います。需品器材の操作・整備、落下傘などに関する専門的な職域があります。

輸送科

大型車両等による部隊、戦車、重火器、補給品等の輸送、ターミナル業務などを行います。輸送統制、輸送業務、輸送行動などに関する専門的な職域があります。

衛生科

患者の治療や医療施設への後送、部隊の健康管理、防疫、衛生器材の補給・整備などを行います。救急救命、臨床検査、歯科技工などに関する専門的な職域があります。

警務科

警護、道路の交通統制、隊員の規律違反の防止、犯罪捜査など部内秩序の維持に寄与します。犯罪捜査、警護などに関する専門的な職域があります。

会計科

予算、資金、給与、調達等の会計業務を行います。会計、調達などに関する専門的な職域があります。

音楽科

音楽演奏を通じて、隊員の士気を高揚します。このほか、警務科部隊の援助を行います。

   
トップへ戻る▲