ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官トピックス > 予備自衛官転地訓練in相模デポ

予備自衛官転地訓練 in相模デポExercise in Sagami Depot


本訓練の概要

本訓練は、幹部予備自衛官及び技能公募予備自衛官が米国の予備役部隊である米陸軍第9任務支援コマンド(9th Mission Support Command)の相模補給廠(神奈川県相模原市)における指揮所演習「イムア ドーン 16(IMUA DAWN 16)」を研修して、部隊の本部等における幕僚活動、通訳等に係る知識及び技能の向上を目的として実施したものです。

本訓練には全国から選出された予備自衛官15名が参加しました。

ブリーフィング(演習の概要等について)

相模補給廠到着後、訓練実施部隊によるブリーフィング(指揮所演習「イムア ドーン 16」の概要等)が実施されました。

「イムア ドーン(IMUA DAWN)」とは、米国の予備役コマンドである第9任務支援コマンドが定期的に実施している指揮所演習(コンピュータシミュレーションによる図上訓練)です。

演習の概要説明

 

 

第9任務支援コマンド司令官による説明

英語で質問する技能公募予備自衛官

 

 

演習部隊各セクションの研修等

演習参加部隊の演習統裁部、後方支援部隊、工兵部隊及び捕虜収容所等の多岐にわたる各セクションの研修を実施しました。

研修①

 

 

研修②

幹部予備自衛官の質問を技能公募予備自衛官が通訳

 

 

司令官と握手する予備自衛官

米国予備役と意見交換をする予備自衛官

 

 

集合写真