ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官トピックス > 平成29年度予備自衛官中央訓練

平成29年度予備自衛官中央訓練Central Training 2017


本訓練の概要

平成29年8月25日(金)から29日(火)までの間、市ヶ谷駐屯地、朝霞駐屯地及び東富士演習場において予備自衛官中央訓練を実施しました。

各方面隊から選抜された成績優秀な予備自衛官に対し、陸上幕僚長訓示、富士総合火力演習研修、市街地戦闘訓練などを行いました。

行動記録ムービー

本訓練の行動記録を、動画にてご覧いただけます。


着隊式

朝霞駐屯地(東京都練馬区)において着隊式を実施。今年度は第1師団隷下の第32普通科連隊(埼玉県大宮駐屯地)が担任しました。

着隊式

 

 

「予備自衛官標旗」の接受

基礎動作の演練

着隊式終了直後から、小銃を用いた基礎動作について反復演練を開始しました。訓練の担当は同連隊第2中隊です。

距離に応じた射撃の演練

 

 

迅速な弾倉交換の演練(目標4秒以内)

富士総合火力演習研修

東富士演習場(静岡県御殿場市)において、平成29年度富士総合火力演習を研修し、自衛隊の保有する最新の装備品等について理解を深めました。

東富士演習場(畑岡地区)

 

 

実弾による演習を間近に体験

市街地戦闘訓練

東富士演習場(市街地戦闘訓練場)において、戦闘訓練を2日間にわたり実施しました。

訓練担当部隊の指導のもと何度も反復演練し、猛暑の中、2日間で実質30時間を超える厳しい訓練を敢行しました。

地上展示のヘリを利用し、搭乗・降機を演練

 

 

翌日に控えた実機によるヘリボン訓練に向け、何度も反復!

負傷隊員への応急救護の処置を展示

 

 

微光暗視眼鏡の装着要領と夜間装着時の視認性を確認

近接射撃に引き続く格闘を演練

 

 

小銃の床尾での打撃と蹴り上げ!

分隊ごとの横隊展開・前進射撃を反復演練

 

 

96式装輪装甲車で建物に接近、下車!

下車後、速やかに横隊に展開!

 

 

横隊で前進しながら射撃

第1ヘリコプター団CH-47による空中機動

 

 

女性の予備自衛官も多数参加

訓示、表彰等

陸上幕僚監部(東京都市ヶ谷駐屯地)において、陸上幕僚長訓示、永年勤続者表彰、予備自衛官等制度教育等を実施しました。

陸上幕僚長訓示

 

 

陸上幕僚長  山崎 幸二 陸将 「予備自衛官は“宝”である!」

永年勤続者表彰 30年勤続による大臣表彰伝達2名

 

 

永年勤続者表彰 20年勤続による陸幕長表彰2名

予備自衛官等制度教育

 

 

市ヶ谷記念館研修

離隊式

最終日、朝霞駐屯地において離隊式を実施し、それぞれの帰途につきました。

「予備自衛官標旗」の返還

 

 

訓練担当部隊との敬礼交換