ホーム > 予備自衛官制度 > 予備自衛官トピックス > 平成28年度予備自衛官中央訓練

平成28年度予備自衛官中央訓練Central Training 2016


本訓練の概要

平成28年8月26日(金)から30日(火)までの間、市ヶ谷駐屯地、朝霞駐屯地及び東富士演習場において予備自衛官中央訓練を実施しました。

各方面隊から選抜された成績優秀な予備自衛官に対し、陸上幕僚長訓示、富士総合火力演習研修、市街地戦闘訓練などを行いました。

陸上幕僚長からの「予備自衛官は我々の仲間である」との訓示に、参加した予備自衛官からは「いざという時のために今以上に招集訓練に励みたい」といった意見が多く聞かれ、使命感の向上が図られました。

着隊式

東京都練馬区に所在する朝霞駐屯地において着隊式を実施し、訓練に望むべく決意を新たにしました。

着隊式

 

 

「予備自衛官標旗」の接受

富士総合火力演習研修

静岡県御殿場市に所在する東富士演習場において、平成28年度富士総合火力演習を研修し、自衛隊の保有する装備品等について理解を深めました。

東富士演習場(畑岡地区)

 

 

実弾による演習を間近に体験

市街地戦闘訓練

東富士演習場(市街地戦闘訓練場)において、訓練担任部隊の指導のもと、戦闘訓練を2日間にわたり実施しました。

機能別訓練①

 

 

機能別訓練②

機能別訓練③

 

 

機能別訓練④

総合訓練①

 

 

総合訓練②

総合訓練③

 

 

女性の予備自衛官も参加しました。

陸幕訓練

東京都新宿区に所在する陸上幕僚監部(市ヶ谷駐屯地)において、陸上幕僚長訓示、永年勤続者表彰、予備自衛官等制度教育等を実施しました。

陸上幕僚長訓示

 

 

陸上幕僚長 岡部 俊哉 陸将

永年勤続者表彰(30年勤続による大臣表彰:熊谷 芳彦 予備1等陸曹 他2名)

 

 

永年勤続者表彰(20年勤続による陸幕長表彰:長田 頼久 予備2等陸曹 他2名)

陸幕予備自衛官室長による予備自衛官等制度教育

 

 

市ヶ谷記念館研修

参加した予備自衛官の声

参加した予備自衛官のコメントをご紹介します。

熊谷 俊胤 予備2等陸曹

初めて中央訓練に参加しました。

招集を受けてから出頭するまで 期待と不安が入り混じった気持ちでいましたが、訓練部隊の自衛官の方や周りの先輩予備自衛官の方からの温かいアドバイスをいただき、最後まで全力で訓練に勤しむことができました。

今回の訓練を通じ予備自衛官であることの自覚を再認識できたと同時に今後ますますの鍛錬・精進を心に誓いました。


森 佳織 予備3等陸曹

陸上幕僚長から直接表彰状を授与され感激しました。

陸上幕僚長が訓示で述べられた「真に戦える予備自衛官、国民との架け橋になる予備自衛官となって欲しい」との言葉どおり、日々の生活や毎年の訓練を大切にしていきたいと思える中央訓練でした。

また全国の仲間と親睦を深めることもでき、大変有意義なものになりました。


赤間 寛紀 予備士長

市街地における警備訓練では有事の際の役割を、市ヶ谷での教育では予備自衛官が置かれている現状や将来を学び、改めて身の引き締まる思いがしました。

予備自衛官の活用が積極化する現在、いつ招集があっても迅速に対応できるよう日頃から自覚し、任務を完遂できるよう毎年の訓練に臨まなければと感じました。