Slide 1 Slide 2 Slide 3 Slide 4 Slide 5 Slide 6

私たちは自衛隊の心・技・体の向上と我が国のスポーツ振興に最大限寄与してまいります。 我が国の平和と独立を守る自衛隊と、幸福で豊かな生活を営む国民の権利を守る我が国のスポーツ振興は、ともに二十一世紀の我が国の発展のために不可欠です。私たちはスポーツを通じ、平和で明るい未来の創造に寄与してまいります。

 

自衛隊における体育・格闘指導者の育成国防の任に就く自衛官。彼らの強靭な身体を作り鍛える事は部隊を強くする事に直結しています。国を守る自衛隊にとって最も重要なことであり、「健全な隊員の育成」を主眼に隊員の育成をしております。

詳細はこちら

世界で活躍するアスリートの育成自衛隊体育学校には世界トップクラスのトレーニング環境や指導者が揃っています。オリンピックをはじめとする世界大会はもとより国内における主要な競技会などにも参加しています。

詳細はこちら

自衛隊における体育・格闘に関する調査・研究自衛隊の体育訓練のあり方や、隊員個々の戦うための能力など、自衛隊の骨幹となる隊員の身体能力等について調査・研究し、自衛隊のさらなる精強化を図っています。

2017.3.1
2017冬季アジア札幌大会 バイアスロン男子 自衛隊体育学校 立崎幹人 金メダル1・銅メダル1を獲得
2017.3.1
ISSFワールドカップ ニューデリー大会 50mピストル 男子60発競技で 園田吉伸 2等陸曹が8位入賞
2017.2.28
ISSFワールドカップ ニューデリー大会 50mライフル伏射 男子60発競技で 山下敏和 3等陸佐が優勝、谷島 緑 2等陸曹が8位入賞
2017.2.28
ISSFワールドカップ ニューデリー大会 50mライフル3姿勢 男子120発競技で 山下敏和 3等陸佐が6位入賞
2017.2.27
ISSFワールドカップ ニューデリー大会 50mライフル3姿勢 女子60発競技で 清水綾乃 2等陸曹が6位入賞
2017.2.26
第41回埼玉県室内選手権水泳競技大会(短水路) 男子400m自由形で 江原騎士 2等陸曹が日本新記録(記録3分38秒01)で優勝

2017.3.24
 TV「ニュース930」(テレビ埼玉/3月29日よる9:30~)シリーズ特集「東京2020 県内期待の選手」でウエイトリフティング 糸数加奈子 2等陸曹が紹介される予定です。
2017.3.21
 雑誌「MAMOR5月号」(3月21日発売 扶桑社) 自衛隊アスリート名鑑で陸上(アーチェリー) 辻岡拓也 陸士長が紹介されました。
2017.3.16
 朝雲新聞社「自衛隊スポーツ」(3月16日発行) 冬季アジア札幌大会(バイアスロン) 立崎幹人 2等陸曹 ほか が掲載されました。
2017.2.21
 雑誌「MAMOR4月号」(2月21日発売 扶桑社) 自衛隊アスリート名鑑で陸上(マラソン) 石田亮 2等陸曹が紹介されました。
2017.2.16
 朝雲新聞社 「自衛隊スポーツ」(2月16日発行)全日本マスターズレスリング 元木康年 1等海尉優勝の記事ほか が掲載されました。
2017.1.21
 雑誌「MAMOR3月号」(1月21日発売 扶桑社)自衛隊アスリート名鑑で柔道 濱田尚里 3等陸尉が紹介されました。
2017.1.19
 朝雲新聞社「自衛隊スポーツ294号」(1月19日発行)自衛隊体育学校 女子ラグビー記事ほか が掲載されました。


利用規約

●ウェブサイトについて
このサイトは自衛隊体育学校の公式ウェブサイトです。
自衛隊体育学校ウェブサイトのコンテンツの利用について
自衛隊体育学校ウェブサイトで公開している情報(以下「コンテンツ」といいます。)は、別の利用ルールが適用されるコンテンツを除き、どなたでも以下の(1)~(6)に従って、複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等、自由に利用できます。商用利用も可能です。
 (別の利用ルールが適用されるコンテンツについては、「2.別の利用ルールが適用されるコンテンツについて」をご覧ください。)
コンテンツ利用に当たっては、本利用ルールに同意したものとみなします。
自衛隊体育学校ウェブサイトで提供している情報は原本のコピーあるいは一時情報の集積であり、信頼性を100%保証できるものではありません。例えば、誤字・脱字、情報の欠落・間違いがある可能性があります。自衛隊体育学校ウェブサイトの情報を利用される場合はあらかじめ了承ください。
1出典の記載について
(1) コンテンツを利用する際は出典を記載してください。出典の記載方法は以下のとおりです。
(出典記載例)
出典:自衛隊体育学校ウェブサイト(当該ページのURL)
出典:「○○動向調査」自衛隊体育学校ウェブサイト(当該ページのURL)(○年○月○日に利用) など
(2) コンテンツを編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。また編集・加工した情報を、あたかも国(又は府省等)が作成したかのような態様で公表・利用することは禁止します。
(コンテンツを編集・加工等して利用する場合の記載例)
「○○動向調査」自衛隊体育学校ウェブサイト(当該ページのURL)を加工して作成
「○○動向調査」自衛隊体育学校ウェブサイト (当該ページのURL)をもとに○○株式会社作成 など

2 第三者の権利を侵害しないようにしてください
(1) コンテンツの中には、第三者(国以外の者をいいます。以下同じ。)が著作権その他の権利を有している場合があります。 第三者が著作権を有しているコンテンツや、第三者が著作権以外の権利(例:パブリシティ権等)を有しているコンテンツについては、特に権利処理済であることが明示されているものを除き、利用者の責任で、当該第三者から利用の許諾を得てください。
(2) コンテンツのうち第三者が権利を有しているものについては、出典の表記等によって第三者が権利を有していることを直接的又は間接的に表示・示唆しているものもありますが、明確に第三者が権利を有している部分の特定・明示等を行っていないものもあります。
利用する場合は利用者の責任において確認してください。
(3) 第三者が著作権等を有しているコンテンツであっても、著作権法上認められている引用など、著作権者等の許諾なしに利用できる場合があります。

3  禁止している利用について
コンテンツに関し、以下のように利用することは禁止します。
(1) 法令、条例又は公序良俗に反する利用
(2) 国家・国民の安全に脅威を与える利用

4 準拠法と合意管轄について
(1) この利用ルールは、日本法に基づいて解釈されます。
(2) 本利用ルールによるコンテンツの利用及び本利用ルールに関する紛争につては、当該紛争に係るコンテンツ又は利用ルールを公開している組織の所在地管轄する地方裁判所を、第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

5 免責について
(1) 国は、利用者がコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツを編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。
(2) コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。

6 その他
(1) この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。
(2) 本利用ルールは、平成26年7月24日に定めたものです。本利用ルールは、政府標準利用規約(第1.0版)に準拠しています。
本利用ルールは、今後変更される可能性があります。