歴史と沿革:土浦駐屯地の歴史と沿革

土浦駐屯地と武器学校の歴史・沿革

−歴史ある駐屯地の紹介−

 土浦駐屯地は、大正10年「海軍臨時航空術講習部水上班」という名称で海軍水上機の発着場として開設されました。翌年には、霞ヶ浦航空隊水上班として、また、昭和14年には、全国に名声を発した予科練習部が横須賀からこの地に移設されました。その後、土浦海軍航空隊と改名して終戦まで予科練の教育を担任した歴史ある駐屯地です。

大正10年〜駐屯地開設

年   代 活動など

1921年−大正10年11月1日

海軍臨時航空術講習部 水上班開設

1922年−大正11年11月1日

霞ヶ浦海軍航空隊 水上班開設

1939年−昭和14年3月1日

霞ヶ浦海軍航空隊 予科練習部が土浦に移設

1940年−昭和15年11月15日

土浦海軍航空隊に改称
本部庁舎落成(現在の武器学校本部庁舎)

1945年−昭和20年11月〜
1946年−昭和21年5月

米軍接収

1946年−昭和21年6月〜
1950年−昭和25年3月

日本体育専門学校(現在の日本体育大学)

1950年−昭和25年6月25日

朝鮮戦争勃発

1950年−昭和25年8月10日

警察予備隊設置

1952年−昭和27年1月21日

総隊武器学校 立川駐屯地に創設
装軌車整備、自動車整備教育開始

1952年−昭和27年8月1日

総理府外局に保安庁設置

1952年−昭和27年9月25日

武器学校 土浦移駐開庁式

1952年−昭和27年10月15日

警察予備隊→保安隊に改組

1954年−昭和29年7月1日

防衛庁設置、陸上自衛隊発足に伴い
陸上自衛隊武器学校に改称

1959年−昭和34年8月13日

武器教導隊編成完結

最近の出来事

年   代 活動など

1998年−平成10年〜

武器科・需品科・輸送科・施設科・通信科・化学科職種を対象とした幹部特修課程(兵站)の教育を開始

2006年−平成18年

霞ヶ浦海軍航空隊水上班の水上機格納庫として使用された工作実習場を解体

2007年−平成19年3月28日

学校改編 第1教育部、第2教育部体制へ