歴史と沿革:予科練の記憶

予科練の記憶

−予科練に関連する施設や記念碑を紹介−

 土浦駐屯地は、旧軍時代「霞ヶ浦海軍航空隊水上班」、その後の「土浦海軍航空隊」が配置されていました。旧帝国海軍のパイロットを育成するため、「海軍飛行予科練習生(予科練)」の教育訓練が実施されていました。駐屯地内には、今でも旧軍・予科練時代の施設等が残っています。

予科練の碑 : よかれんのひ

予科練の碑

 予科練出身者の同窓生が全予科練戦没者の遺徳を顕彰するため、昭和41年5月27日に建立されました。

雄翔園 : ゆうしょうえん

雄翔園

 予科練の碑建立に第6代学校長「岡 新次氏」が、予科練出身の英霊の鎮魂碑建立にあたり、予科練の碑及びその周辺を造園しました。

雄翔館 : ゆうしょうかん

雄翔館

 予科練習生の生活や英霊の遺書、遺品等を永く保存して、その遺徳を後世に残すため、昭和43年11月24日に雄翔館が建設されました。

雄飛の松 : ゆうひのまつ

雄飛の松
【初代 雄飛の松】

 予科練の象徴として昭和15年11月22日に植樹されたが、昭和20年6月10日の空襲により被弾、損傷し腐食が始まり、平成6年4月22日推定樹齢130余年の生涯を閉じました。 平成7年2月22日に第2代目雄飛の松として植樹されされました。

2代目雄飛の松
【2代目 雄飛の松】

常在戦場の碑   : じょうざいせんじょうのひ
山本五十六元帥 : やまもといそろくげんすい

常在戦場の碑

【常在戦場の碑】
 海軍航空隊育ての親である連合艦隊司令長官山本五十六大将を偲んで、昭和19年9月に山本長官直筆(昭和10年4月筆)の「常在戦場」の石碑を土浦航空隊神社(現在「理想科学」)に建立、昭和30年8月に武器学校に移設されました。

【山本五十六元帥像】
 昭和18年秋から昭和20年終戦時まで設置されていた山本元帥の銅像は、米軍に汚されることを恐れ二つに割られ、上半身は昭和23年に発見され、現在、江田島に保管されています。下半身は平成14年6月10日、台座の横(常在戦場の碑)付近の土中から発見され、平成16年1月、雄翔館前に新たに建立されています。

旧山本五十六の像 山本五十六下半身像 山本五十六像
終戦時まで設置された山本元帥像 台座横に発見された下半身像 復元された山本元帥像

司令官執務室 : 武器学校長執務室

 連合航空隊司令や土浦海軍航空隊司令の執務室の飾り棚は、現在も武器学校長執務室で使用しております。
※見学はできません。