ホーム > 各種活動 > プレスリリース > 平成24年度の日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の概要について

プレスリリース

2013年

平成24年度の日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)の概要について

25.1.24 陸幕広報室

陸上自衛隊は、次のとおり平成24年度の日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)を実施しますので、お知らせいたします。

  1. 1.目 的
    陸上自衛隊及び米海兵隊の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における連携要領を実行動により訓練し、相互運用性の向上を図る。
  2. 2.期 間
    平成25年2月21日(木)~3月9日(土)
  3. 3.場 所
    北海道大演習場及び東千歳駐屯地
  4. 4.担任官
    1. (1)日本側:第7師団長
      陸将 塩崎 敏譽
    2. (2)米軍側:第3海兵機動展開部隊第3海兵師団長
      准将 フレデリックM.パディラ(Frederick M.Padilla)
  5. 5.訓練実施部隊
    1. (1)陸上自衛隊
      ア 第11普通科連隊の1個中隊基幹
      イ 人 員
       約300名
      ウ 主要装備
       89式5.56㎜小銃、5.56㎜機関銃MINIMI、9mm拳銃、84mm無反動砲、110㎜個人携帯対戦車弾(LAM)、120mm自走迫撃砲、
        90式戦車、89式装甲戦闘車、73式装甲車、87式自走高射機関砲、92式地雷原処理車、航空機(UH-1)ほか
    2. (2)米海兵隊
      ア 第3海兵師団第4海兵連隊の1個中隊基幹
      イ 人 員
       約300名
      ウ 主要装備
       5.56㎜小銃、5.56㎜軽機関銃、7.62㎜中機関銃、12.7mm重機関銃、12.7mm狙撃銃、7.62mm狙撃銃、83mm多目的弾、
        対戦車ミサイル(TOW)、60mm迫撃砲、水陸両用戦闘車(AAV-7)ほか
  6. 6.問い合わせ先
    陸上幕僚監部広報室(03-3268-3111)