災害派遣

2018年

大阪府北部を震源とする地震に係る災害派遣について

 平成30年6月18日(月)に大阪府北部を震源とする地震の影響により、大阪府吹田市の国立循環器病研究センターにおいて断水が発生したため、18日(月)12時00分、大阪府知事から陸上自衛隊第3師団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請がなされました。その後、同府箕面市及び高槻市における給水支援、同府茨木市における入浴支援の追加要請があり、各所で支援活動を実施して参りましたが、6月26日(火)21時30分に大阪府知事から撤収要請を受けたことから、大阪府北部を震源とする地震に係る災害派遣を終了しました。
 約1週間に及ぶ活動の規模は、人員延べ約1,145名、車両延べ約280両(水タンク車延べ24両及び水トレーラー延べ32両含む)、航空機延べ12機でした。
 陸上自衛隊は、今後も関係省庁、自治体等と緊密に連携して、あらゆる事態に迅速に対応できる万全な即応態勢を維持して参ります。


伊丹駐屯地を出発

給水支援準備の様子

国立循環器病研究センターでの給水支援活動

箕面市での給水支援活動

関係自治体との連携

夜間の給水支援活動

入浴場開設作業

入浴場開設作業

入浴支援活動

入浴支援活動

入浴支援活動

大阪府からの撤収要請を受理
ページトップ