トップページ 東北方面隊とは > 各種活動 > 日米共同訓練

日米共同訓練
 東北方面隊は、日米共同訓練を行い、相互の理解・意思疎通などを図り米軍との関係を維持・強化しています。
米国における諸職種共同訓練
日米共同指揮所演習

日米共同訓練
  自衛隊と米軍との共同訓練は、仮想の状況を設定し、その中で指揮官の判断能力や幕僚の調整能力の向上などを目的とする指揮所演習と、演習場や訓練海空域などで実際に部隊を活動させることにより、日米間の連携要領全般の向上などを目的とする実動訓練に分けられます。
 これらの共同訓練は、日米それぞれの戦術技量の向上を図る上で有益です。さらに、日米共同訓練を通じ、戦術面などの相互理解と意思疎通を深め、相互運用性を向上させておくことは、共同対処行動を円滑に行うために欠かせないことであり、日米の連携・調整要領を平素から訓練しておくことが重要です。
米海兵隊との実動訓練 米陸軍との実動訓練


共同訓練に参加している隊員との交流


各種活動に戻る