東北方面音楽隊の歴史
-HISTORY-

~ はじめに ~

東北方面音楽隊は昭和31年1月25日、第6官区音楽隊として多賀城駐屯地において発足、昭和35年1月14日、東北方面隊発足と共に東北方面音楽隊編成完結、多賀城駐屯地より南仙台駐屯地(現仙台駐屯地)に移駐しました。当時の音楽隊隊舎は隊員居室、事務室、隊長室、倉庫の小部屋だけの建物で、合奏をする部屋はありませんでした。交付された楽器も当時の古い日本製(日管と推測される)であまり良い状態の楽器もない状態での運用でした。58年前は相当大変な思いをして音楽隊の活動をしていたと推測されます。現在の音楽隊は建物も新しくなり、良い楽器が交付され大変充実した環境での職場となっていますが、創隊当初を知る隊員もいなくなる中で昔を振り返ることは大切だと思いこのコーナーを立ちあげました。当時の写真と共に音楽隊をより深く知って頂ければと思います。

~ 写真で振り返る東北方面音楽隊 ~
  • 音楽隊の歴史
  • 東北方面音楽隊の前身である第6管区音楽隊が仙台駅前を行進しているところです。(昭和34年8月)

  • 音楽隊の歴史
  • 創隊当時の隊舎(昭和35年)

  • 音楽隊の歴史
  • 当時の隊舎からはその後新合奏場となる教会が見えました。

  • 音楽隊の歴史
  • 国際スポーツ大会に参加。東京オリンピックと言った方が分かり易いですね。写真はリハーサル風景です。(昭和39年10月9日~11日)

  • 音楽隊の歴史
  • 東京オリンピックファンファーレは今も色褪せる事のない名ファンファーレです。

  • 音楽隊の歴史
  • 行進演奏の訓練風景(昭和43年)

  • 音楽隊の歴史
  • 仙台一番町市中行進演奏(昭和45年10月29日)

  • 音楽隊の歴史
  • 新合奏場改築。当時米軍が教会として使用していた建物を転用。(昭和48年1月26日)老朽化により長かった任を解かれ改築。現在は合奏場として使用されておらず、東日本大震災の記録を展示するスペースとなっております。

〒983-8580 宮城県仙台市宮城野区南目館1-1 陸上自衛隊東北方面音楽隊

TEL : 022-231-1111(内線 3572,3696)

FAX : 022-231-1111(内線 3697)

Mail Adress : hq-neaband-nea@inet.gsdf.mod.go.jp