青森駐屯地
青森駐屯地は、北に陸奥湾を  望み南に八甲田山をはじめとする
山々に囲まれた、市街地の南隅に位置する自然に恵まれた環境に
あり、近くに三内丸山遺跡、県立美術館があります。
駐屯地は周囲約2キロで、第9師団司令部をはじめ八甲田山雪中
行軍で有名な第5普通科連隊、第9通信大隊、第9化学防護隊を主力
とする駐屯地です


 

ACCESS

〒038−0022
青森県青森市大字浪館字近野45  рO17−781−0161

最寄り駅:JR青森駅 
  
バス:JR青森駅前〜自衛隊前バス停(約4.0km)
  お車で約10分




弘前駐屯地
弘前駐屯地は、昭和37年の自衛隊改編に伴い、第9師団が発足。
第5普通科連隊を基幹として、第38・39普通科連隊が八戸駐屯地
に誕生することを知った弘前市の有志は、昭和37年7月に弘前市
自衛隊協力会を結成し、これを母体として正式に誘致運動が開始
された。
弘前市の誘致運動の熱意も高まり、ついに弘前市議会は弘前市に自
衛隊を誘致することを議決し「自衛隊誘致特別委員会」を設置し誘致運
動を開始した。当時、防衛庁は八戸から1個連隊を他に移駐させる方針
が定まっていたため、誘致運動の申請のあった、弘前市、鰺ヶ沢町、五
戸町七戸町に調査団を派遣し比較検討の結果、旧陸軍第8師団の置か
れていた弘前市を選定、昭和40年7月20日に公表され、昭和43年3
月、第39普通科連隊が弘前に移駐し、現在に至るのである。



ACCESS

〒036−8533 
青森県弘前市大字原ヶ平字山中18−117 пi0172)87−2111

最寄り駅:弘南鉄道大鰐線 千年駅/
  バス:千年駅前〜原ヶ平バス停(約1.4km)
  お車で4分/徒歩20分




八戸駐屯地
八戸駐屯地は、昭和14年に八戸飛行場の建設が開始され、昭和16年
には陸軍航空隊(八戸少年飛行隊)が創設されました。
終戦後米陸軍の引き上げが開始され、同年5月には現在青森市に駐屯
している第5普通科連隊が移駐し、八戸駐屯地が創立されました。


 

ACCESS

〒039−2295
青森県八戸市市川町字桔梗野官地 рO178−28−3111

最寄り駅:JR陸奥市川駅/
  バス:陸奥市川駅前〜自衛隊前バス停(約2.0km)
  お車で5分/徒歩30分




岩手駐屯地
岩手駐屯地は、西に男性的な岩手山、東に女性的な姫神山が相対峙
する風光明媚な環境の下、近傍には岩手山東山麓に広がる岩手山中
演習場が隣接し、訓練環境に恵まれた地域に位置しており、岩手県唯
一の陸上自衛隊駐屯地です。
駐屯地の隊員は、約80lが岩手県出身の隊員で構成される郷土部隊
です。各隊員は、「信頼される部隊・駐屯地」をめざし日夜訓練に励ん
でおります。


ACCESS

〒020−0173
岩手県岩手郡滝沢村字後268−433  рO19−688ー4311

最寄り駅:JR盛岡駅/
  バス:盛岡駅前〜自衛隊前バス停(約17km)
  お車で40分/東北自動車道滝沢ICからお車で10分(約6km)
  西根ICからは、お車で12分(約7km)




秋田駐屯地
秋田駐屯地は 昭和27年3月に創設され、以来所轄師団の変更部隊移
動等が行われ昭和33年主動部隊の第21普通科連隊第310地区施設
隊(現第357施設中隊)が移駐し先人が営々として築きあげた輝かしい
伝統を受け継ぎ郷土に信頼される強く逞しい部隊づくり に邁進し現在に
至っております。



ACCESS


〒011−8611
秋田県秋田市寺内字将軍野1  рO18−845−0125

JR秋田駅からバスで約30分(将軍野線利用 自衛隊前下車)下車後3分
  JR土崎駅から徒歩約20分 秋田自動車道 秋田北ICから車で8分