「第35回釧路自衛隊ミュージックフェス
〜2年越しのステージで1,400名の観客が来場!〜」

  釧路駐屯地(司令 眞部1佐)は、3月30日(金)、釧路市民文化会館において「第35回釧路自衛隊ミュージックフェス」を実施した。
  音楽演奏を通じて地域住民との交流を深めることを目的として、釧路地方自衛隊協力団体連絡協議会(会長 栗林定コ氏)の後援を得て開催された今年のミュージックフェスは、”絆”をテーマとし、釧路地区に避難している東北からの被災者を招待するとともに、自衛隊の活動や東日本大震災の災害派遣映像に合わせた第5音楽隊の演奏、さらにドリル隊の一糸乱れぬ演技、釧路自衛隊日本太鼓保存会と知床流鼓道一門会との迫力ある合同演奏等が披露された。
  会場に訪れた約1,400人の観客からは、「感動した。」「また聴きたい。」等の声が聞かれ、本演奏会を大いに満喫している様子だった。
約1,400名の観客で埋めつくされた会場
一糸乱れぬ演技を見せたドリルフォーメーション
東日本大震災の災害派遣映像に合わせた第5音楽隊の演奏
多くの観客を魅了した
総勢24名での迫力ある太鼓演奏
力強いバチ捌きを見せる
釧路自衛隊日本太鼓保存会の
女性自衛官
フィナーレ