「雪害による災害派遣任務を完遂」

  第12施設群(群長 野路1佐)は、2月14日1100北海道知事(空知振興局)から三笠市の豪雪に伴う災害派遣要請を受理し、先月に引き続き、2回目となる雪害による災害派遣活動を開始した。
  翌15日1455の北海道知事からの撤収要請による同任務完遂までの活動実績は、排雪距離3790m、延参加人員423名、運搬台数大型ダンプ121台、特大型ダンプ21台であった。
  活動地域となった市内弥生地区市民センターにおいて災害派遣活動終了セレモニーが行われ、三笠市長からお礼の言葉を頂き、帰隊した。
駐屯地を出発 排雪の様子
夜間の活動(2.14) 第335施設中隊長手嶋1尉から
三笠市長へ終了報告
三笠市長お礼の言葉