「青年サマーセッション2011」

  北部方面総監部は、平成23年8月6日(土)から7日(日)の2日間にわたり、第1戦車群(群長・成清1佐)を主支援部隊として、北恵庭駐屯地及び北海道大演習場において青年サマーセッション2011を実施した。
  本イベントは、「青年層を対象とした生活体験を実施して、陸上自衛隊に対する理解と信頼を深めさせる。」ことを目的として、平成13年から実施しているものであり、今年度は30名が参加した。
  参加者は、ヘリコプター体験搭乗、戦車試乗の迫力に歓声を上げ、昼食での戦闘用糧食の美味しさに驚き、演習場において実施したコンパス行進で大汗を流していた。さらに天幕宿営の準備後、支援隊員も交えて懇親会が実施された。
  翌日は、ほふく体験と個人掩体構築体験に汗を流し、救急救命訓練ではAED操作を演練し、中身の濃い訓練体験を終了した。
  2日間とも30℃以上の真夏日であったが、参加者全員が真剣に訓練体験に臨んだ。
  参加者からは、「自衛隊が理解できた。」「自衛隊及び自衛隊員が好きになった。」「貴重な体験ができた。」「楽しかった。」等の意見が出され、全員が充実感と達成感を持って、北恵庭駐屯地を後にした。
  今年度は、初めて報道機関の取材を受け、訓練体験等に目を輝かせて臨んでいた参加者達の姿が、北海道新聞に掲載されると共に北海道放送及び北海道文化放送でも放送された。
受付・被服交付 ブリーフィングの様子
基本教練 ヘリコプター体験搭乗
コンパス行進
戦車試乗 装備品展示
”噂のミリメシ「缶メシ」”を体験喫食
ほふく体験 若手記者の体験レポート
個人掩体構築体験
救急救命訓練 修了証の授与