「東日本大震災派遣自衛隊に感謝する市民の集い〜千歳市が主催〜」

  東日本大震災で、千歳市内の駐屯地や基地から派遣され被災地で活躍した隊員及びその家族の方々の労をねぎらうとともに、多くの市民から寄せられている感謝の気持ちを表すため、第1回『東日本大震災派遣自衛隊に感謝する市民の集い』(千歳市主催)が6月26日、千歳市防災学習交流センター「そなえ〜る」において開かれた。
  第1回は、北千歳駐屯地に所在する部隊、第1高射特科団、第1電子隊、空自千歳基地等の隊員及び家族約1,000名が参加した。
  集いは、開会式、準備体操、玉入れ、綱引き、ふれあい会食、音楽隊による演奏が実施され、この間、「そなえ〜る」内において災害派遣活動状況写真の展示及び隊員による災害派遣活動状況の紹介が実施された。
  開会式では実行委員長の山口幸太郎千歳市長が「皆さんが過酷な活動を立派に成し遂げたことは、国民、千歳市民の誇りです。きょうは家族の皆さんと一緒に楽しんでください」と挨拶した。
  当日は天候にも恵まれ、参加した隊員及びその家族は、協力団体の方々が準備した焼きそば、豚汁、ジンギスカンなどに舌鼓をうち、家族との時間を楽しく過ごした。
  第2回は7月9日、同所で開かれ、第7師団等の隊員及び家族約1,300名が参加予定である。
開会式(隊員及び家族) 開会式(千歳市長の挨拶)
ふれあい会食
綱引き 玉入れ
隊員による災害派遣活動状況の紹介 パネル展示
第7音楽隊による音楽演奏 感謝を示すのぼり