「日米共同部隊訪問」

  北部方面総監部(総監・千葉陸将)は2月7日から10日までの間、日米相互の理解促進を目的とした「日米共同部隊訪問」を支援した。
  2月7日、第7艦隊司令官ヴァンバスカーク海軍中将と自衛艦隊司令官倉本海将が来道し、第2航空団研修及び文化研修等を行い、翌8日は、余市防備隊研修等ののち、総監部を訪問され、総監表敬・懇談や同時期に実施していた方面隊災害対処指揮所訓練の研修等を行い、9日は第7師団研修等を行った。
  9日には、在日米軍司令官フィールド空軍中将と統合幕僚副長河野海将が来道し、第2航空団研修ののち、総監部を訪問された。10日は、司令官等は雪まつり大通り会場において方面隊が制作した大雪像等を見学され、統幕副長は余市防備隊を視察した。午後は第7師団において戦車試乗を含めた研修を行い、自衛隊機で離道した。
  総監部は、方面隊災害対処指揮所訓練を実施しながら同訪問を支援し、訪問目的達成に寄与した。
第7艦隊司令官ヴァンバスカーク海軍中将 来道
儀仗
方面総監部来隊記念 記念品の交換
訓練研修(災害対処指揮所訓練)
在日米軍司令官フィールド空軍中将 来道
儀仗
概況説明
訓練研修(災害対処指揮所訓練)
装備品研修(第7師団) 文化研修(さっぽろ雪まつり)