「第62回さっぽろ雪まつり雪輸送開始式」

  第11旅団(旅団長 吉田将補)は、1月7日、大通公園(札幌市)において雪まつり実行委員会が実施した「第62回さっぽろ雪まつり雪輸送開始式」に参加した。
  雪輸送開始式は、第11音楽隊(隊長 菅原1尉)のファンファーレ演奏で開式し、実行委員会 星野会長の挨拶が行われた。
  その後、交通安全母の会10名から雪輸送隊及び雪像制作隊に交通安全を祈願した「マスコット」と「交通安全旗」が手渡された。
  また、さっぽろ雪まつり協力団を代表し、第11後方支援隊輸送隊 斉藤3曹が「国民を守る自衛官として、また、北海道を、札幌を愛する市民として自覚と遵法精神を堅持し、心にゆとりを持って安全運転に努め無事故で雪輸送任務を完遂する。」と交通安全を誓った。
  雪輸送隊は、ミスさっぽろから激励の花束を受け取り、第303ダンプ車両中隊梅ア2尉の指揮で会場に並んだ3両の大型ダンプから雪輸送の最初の雪を下ろし、大通会場への雪の輸送がスタートした。
ファンファーレを演奏する第11音楽隊 実行委員長の挨拶
交通安全母の会から「マスコット」と
「交通安全旗」を受け取る
交通安全宣言
ミスさっぽろから激励の花束 会場に最初の雪を下ろす
採雪する雪輸送隊 雪の輸送