「岩見沢市及び三笠市の豪雪に伴う災害派遣」

  第12施設群(群長 野路1佐)は1月17日、北海道知事からの要請を受け、岩見沢市及び三笠市の豪雪に伴う災害派遣を実施、任務を完遂して22日同市から撤収要請を受け、災害派遣を終了した。
  18日午前8時から22日午後2時までの間に、岩見沢市では述べ約750名、大型1400台、特大型378台をもって、4220mの道路の除排雪を実施した他、人員約50名をもって孤立住宅20戸の除雪を、三笠市では延べ約450名、大型609台、特大型172台をもって、3500mの道路の除排雪を実施した。
駐屯地を出発 幹線道路の排雪(岩見沢市)
大量の雪を排雪(三笠市) 夜間作業(岩見沢市)
高齢者宅の除雪支援(栗沢美流渡地区)
岩見沢市長からの慰労の言葉 第336施設中隊長 挨拶