陸・海・空自衛隊合同コンサート「飛翔」〜北の大地から〜

  方面隊は、6月21日(土)、札幌市内に所在する札幌コンサートホールKitaraにおいて、平成26年度「陸・海・空自衛隊合同コンサート」を担任し実施した。
  このコンサートは、陸上自衛隊の中央音楽隊(朝霞)、海上自衛隊の東京音楽隊(市ヶ谷)及び航空自衛隊の航空中央音楽隊(立川)が参加して毎年全国各地を巡回して行われており、北海道で開催されるのは、平成13年以来13年ぶりとなった、
  コンサート当日は久しぶりの快晴のなか、陸海空の音楽隊が単独または合同で行った、本格的なクラシック演奏で、会場に訪れた観客を魅了した。
  また、テレビ等でも話題になっている海上自衛隊東京音楽隊のヴォーカリストである三宅由佳莉3等海曹が北原白秋作詞、山田耕筰作曲で「日本の歌百選」にも選ばれ、札幌とも関係のある「この道」を熱唱した。
札幌コンサート会場Kitara 道内外からたくさんの来場者をご案内
大ホール入口前での歓迎演奏 国歌「君が代」斉唱
陸上自衛隊中央音楽隊
演奏曲「SF交響ファンタジー第3番」
海上自衛隊東京音楽隊
行進曲「虹と雪」
三宅3曹による独唱「この道」
航空自衛隊航空中央音楽隊
演奏曲「セレブレーション」 
陸・海・空音楽隊合同演奏
多くの来場者を魅了し感動のフィナーレ