「テーマは"地域とともに"〜釧路自衛隊ミュージックフェス開催〜」

  音楽を通じて地域住民との交流を図ることを目的に、釧路駐屯地(司令・山口1佐)主催、釧路地方自衛隊協力団体連絡協議会(会長・栗林定コ)後援で3月27日、「第33回釧路自衛隊ミュージックフェス」が釧路市民文化会館で開催された。
  ステージでは駐屯地の隊員による儀仗や日本太鼓、第5音楽隊(帯広)による演奏などが行われ、訪れた約1100名の聴衆を楽しませた。
  また、日本太鼓とゲスト出演した鼓道知床一門会との躍動感あふれるコラボレーションや地元で活躍する加代子モダンジャズカンパニーとインフィニティの溌剌としたダンスステージ、PUBU&CAMの女性二人による魅力的な歌声と演奏など、今年も趣向を凝らした演出で観客を魅了し、地域住民との絆を深め、大きな感動を与えて終了した。
PUBU&CAMの魅力的な歌声と演奏 第27普通科連隊の隊員による儀仗
加代子モダンジャズカンパニーとインフィニティの溌剌としたダンスステージ
第5音楽隊による演奏 惜しみない拍手が贈られたフィナーレ
舞台運営班の紹介 躍動感あふれる日本太鼓の演奏