「平成24年度第3回第4特科群矢臼別転地訓練」

  第1特科団(団長 阿部将補)第4特科群(群長 大場1佐)は、3月9日(土)から14日(木)までの間、矢臼別演習場において、平成24年度第3回矢臼別転地訓練を実施した。
  本訓練は、MLRS(多連装ロケットシステム)大隊の実射訓練及び203mm自走榴弾砲2個大隊の冬季における戦術行動を演練することを目的として実施された。
  MLRSの実射訓練では、精度良好な射撃を実施し、203mm自走榴弾砲大隊は、積雪寒冷地における指揮所及び自走榴弾砲用掩体の構築、警戒・自衛戦闘等を演練した。
  第4特科群の隊員は、これまで練成した訓練成果を遺憾なく発揮し、多大な成果と着実に任務を達成した充実感を得て、来年度の検閲へ向け気持ちを新たにし練成していく。
冬季におけるMLRS実射 掩体を構築する隊員
第4特科群指揮所 射撃陣地を占領した
203mm自走榴弾砲