「1普中奮闘!第4次基礎となる部隊の訓練検閲」

  2月2日(火)から5日(金)の間、第28普通科連隊(連隊長:田邊 政文 1等陸佐)は第4次基礎となる部隊の訓練検閲を実施し、第1普通科中隊(中隊長:橋本 啓之 3等陸佐)が受閲した。
  課目は「スキー行進に引き続く防御行動(COPの行動)」であり、1普中は橋本中隊長を核心として夜間のスキー行進、集結地の占領、防御陣地の構築、COPの戦闘から離脱までの一連の動作を整斉と行い、任務を完遂した。
  総評において田邊連隊長は、「統裁官として十分信頼できる部隊であると認識した。」と講評し、受閲した1普中の労をねぎらうとともに今後の更なる練度向上を求めた。
隊容検査で装面動作の点検を受ける スキー行進
機械力を利用して迅速に陣地構築 掩蔽した陣地の構築
81o迫撃砲射撃準備 火力を最大限に発揮
防御戦闘の様子