「第26普通科連隊重迫撃砲中隊 師団重迫撃砲射撃競技会3連覇!」

  9月17日(木)・18日(金)の2日間、上富良野演習場で実施された「平成21年度師団重迫撃砲射撃競技会」において重迫撃砲中隊(中隊長:山口1尉)が見事3連覇を達成した。
  本競技会では、第3(名寄)・第25(遠軽)・第26(留萌)普通科連隊の3個連隊による120mm重迫撃砲の射撃精度及び速度で評価された。
  日頃から訓練を積み重ねてきた重迫中隊は、統裁部からの転移射や臨機目標への射撃及び陣地変換後の射撃等の課目が付与される中、次々と目標に対し効果的な射撃を行い、射撃精度100パーセントの満点射を誇った。
  射撃の精度、速度及び基本動作での総合評価において高得点を得て優勝し、競技会「3連覇」の偉業を達成した。
重迫魂を弾に込め「半装填よ〜し!」 「発射!!」
「効果あり任務終了!」 胴上げにより宙を舞う山口1尉
十勝岳連峰を背景に渡部第2師団長と記念撮影