「11連隊銃剣道訓練隊18年ぶりの全道制覇」

  第11普通科連隊(連隊長 井上1佐)の銃剣道訓練隊(担任官 5中隊堀内3佐)は、4月3日(土)〜4日(日)の間、留萌市スポーツセンターで行われた第50回北海道銃剣道選手権大会において18年ぶりに優勝しました。
  2回戦から登場した連隊は、初戦の3普連(名寄)に快勝し波に乗ると次々に強敵を倒し決勝まで勝ち上がりました。
  決勝戦では、過去46回大会から3連覇を成し遂げている強豪6普連(美幌)に3−2で辛勝し、見事優勝の栄冠を勝ち取りました。
  また、青年2部においても第3位に入賞するなど、今まで積み重ねてきた練成成果が結実した大会となりました。
先鋒をつとめた六鎗2曹(写真左) 次鋒 鹿倉士長(写真左)
訓練隊を労う連隊長 18年振りの優勝旗奪還
連隊長を囲んで優勝記念の一枚