「第27普通科連隊教育隊 35q行進訓練を実施」

  第27普通科連隊(連隊長 眞部1佐)教育隊は8月30日(木)、教育間で最も厳しい訓練とされる「35q行進訓練」を実施した。
  当日は天候に恵まれ最高の行進訓練日和となり、6時45分、新隊員7名は元気よく駐屯地を出発した。しかし、1行程目を過ぎた頃から日差しが強くなり気温も上昇し、最大の難所である約3qの上り坂が続く「仮監(かりかん)峠」では、普段は表情豊かな隊員たちも、暑さとどこまでも続く急な上り坂に疲労の色を隠せず、徐々に口数も少なくなった。全員の完歩にやや不安を感じたが、助教の激励や同期で声を掛け合い、最後まで笑顔を絶やさず日頃の訓練成果を十分に発揮して、全員が完歩した。
  厳しい訓練を乗り越えた隊員達の表情には、自信と笑顔が溢れ、また一歩、普通科隊員として力強く成長した姿がそこにはあった。
まだまだ余裕が見られる前半 徐々に疲れが見え始める仮監峠
大休止 最後の力を振り絞りハイポート