「北部方面施設隊 第1次隊集中野営訓練」

  北部方面施設隊(隊長 渡邊1佐)は、5月28(月)から6月15日(金)の間、道内各地の演習場等において、第1次隊集中野営訓練を実施、隊の練度向上を図るとともに、第105施設器材隊の訓練練度を評価して、その進歩向上を図った。
  この間、指揮下部隊の第12施設群は、第336施設中隊訓練検閲及び第302坑道中隊の訓練指導を実施、第13施設隊は、第360施設中隊及び第302水際障害中隊の訓練練度を評価した。また、隊直轄部隊の第301坑道中隊は坑道掘削訓練を、第303ダンプ車両中隊は道路用骨材(砂利)の運搬を行った。
  第1次隊集中野営訓練は、比較的天候にも恵まれ、所望の成果を得て終了した。
92式浮橋のへん水
(第105施設器材隊)
パネル橋MGB戦車通過
(第105施設器材隊)
重門橋の運航
(第105施設器材隊)
陣地構築
(第12施設群第336施設中隊)
6舟6導板による車両の渡河
(第13施設隊第360施設中隊)
障害設置
(第302水際障害中隊)
坑道掘削訓練における
コンクリート吹き付け
(第301坑道中隊)
道路用骨材運搬
(第303ダンプ車両中隊)