「方面隊職種協同訓練を部内外に公開!」

  第1高射特科団(団長 小原陸将補)は、方面隊職種協同訓練の実施に合わせ、部内外に対し訓練公開を実施した。
  訓練公開は、9月14日から16日の3日間にわたって行われ、テレビ・新聞社を含め、部外者35個団体、部内者36個部隊の合計約261名が訓練を研修し、翌日の新聞に訓練内容が報道で紹介された。
  公開内容は、当初、東千歳駐屯地内での概要説明、その後場所を移し柏台地区の方面対空戦闘指揮所での組織的な対空情報活動、北海道大演習場千歳・恵庭地区に展開した高射特科部隊保有器材等を公開した。この間、方面幕僚長の視察の他、第7師団長、第2高射特科団長、在京米海兵隊武官及び在京陸軍武官補佐官等が訓練を研修した。
  各研修者は、今回の訓練公開を通じ高射特科部隊等の役割・重要性等について理解するとともに、訓練に臨む隊員の真摯な姿に直近で接したことで、陸上自衛隊及び自衛官に対する信頼を更に深めてくれたことと思う。
ホーク器材研修風景 携帯SAM研修風景
在京米軍が研修に参加 短SAM研修風景
報道機関の取材対応 方面幕僚長が訓練を視察