ホームへ戻る

サイトマップ

Loading

健康管理課(健康管理センター)~自衛隊隊員向け~

健康管理センターでは、北部方面隊の他部隊等に所属する隊員の生活習慣病検診(要受診)等の受診調整や、節目検診メタボリックシンドローム対策集合訓練等の入院調整を行っています。

肝臓・循環器検診(要医療)

各部隊の生活習慣病検診で「要医療」の判定を受けられた方は、自衛隊札幌病院の内科外来で、必要な項目の再検査とその結果説明、必要に応じて治療を行います。
肝臓・循環器検診の要医療判定後の受診を希望される場合は、医務室等をを通じて、健康管理センターで予約を行っていますので、医務室へ希望日をご連絡ください。受診日の2日前まで、予約を受け付けております。
受診される方で、採血が必要な方(採血の結果が正常でなかった方)は、当日は朝食を食べずに受診して下さい。水や、糖分を含まないお茶は飲んでも構いません。
心電図、血圧のみの異常の方は、食事をしてきても、問題ありません。 
当日は、自衛官診療証または共済組合員証、自衛隊札幌病院の診察券(お持ちの方)をお持ちの上、医事課窓口にて「内科外来」の受診手続きを行ってください。

肺がん検診(要精密検査) 

肺がん検診(45歳以上)で精査が必要な方の予約を、医務室等を通して、健康管理センターで行っています。予約は、受診日の2日前まで受け付けております。予約された方は、事前に、肺がん検診表を医務室等を通じて健康管理センターに送付してください。
肺がん検診の精査を受ける方は、自衛官診療証または共済組合員証、自衛隊札幌病院の診察券(お持ちの方)と、身体歴を携行して、医事課窓口で「内科外来」の受診手続きを行って下さい。

なお、45歳未満で、胸部レントゲン検査で精査が必要な方(結核検診)は、直接、内科に受診していただいております。その場合も、身体歴を携行して、内科呼吸器専門の医師の外来日に受診してください。

胃がん検診(胃内視鏡検査)

検診で胃内視鏡検査が必要な方(胃バリウム検査で有所見者、及び、既に胃疾患をお持ちで胃内視鏡で検診を行う方)で当院での胃内視鏡検査の予約を、医務室等を通じて健康管理センターで行っています。検査をご希望の方は、受診日2日前までに、予約を行って下さい。

大腸がん検診(大腸内視鏡検査)

大腸がん検診の便潜血検査で陽性だった方の大腸内視鏡検査の予約も、駐屯地医務室を通じて健康管理センターで行っています。

子宮がん検診

子宮がん検診(1次)の予約を、駐屯地医務室等を通じて健康管理センターで行っています。
対象者は、当該年度に偶数歳になる20歳以上の女性(希望者)および、偶数年になる30歳以上の女性(全員)です。
乳がん検診は、現在は対応しておりませんので、40歳以上で乳がん検診と子宮がん検診を同時に希望される方は、対がん協会等での受診をお勧めします。

自衛隊札幌病院で子宮がん検診を受ける方は、子宮がん検診の問診表を医務室に提出してください。
子宮がん検診は、できれば月経の時期を避けて受けることをお勧めします。
受診時は、自衛官診療証、自衛隊札幌病院の受診券(お持ちの方)、通院連絡表、生理用ナプキン(検査で出血することがあるため)をお持ちの上、外来受付機で受付後、産婦人科外来にお越しください。
対がん協会等で子宮がん検診を受けて精密検査が必要と指示された方は、直接、産婦人科外来に受診してください。

節目検診

検診の目的

中高年齢自衛官のうち、特に40歳及び50歳時の健康診断を強化することにより、疾病の早期発見・早期治療を促進し、健康管理に寄与することが目的です。

対象者

当該年度40歳または50歳になる隊員で、昨年度の生活習慣病検診の結果が要受診等であり、判定官のスクリーニングにより、節目検診が必要と判定された隊員です。

節目検診の受付

医務室より節目検診対象者名簿を健康管理センター宛に送付していただきます。
入院日については、医務室との調整になります。

節目検診(40歳時)

入院期間:木曜日からの2日間
検査項目:採血、尿検査、心電図、腹部エコー、胸部レントゲン、内視鏡(胃・大腸)
教育・診断:口腔衛生指導、栄養・保健指導、禁煙指導、総合診断

節目検診(50歳時)

入院期間:月曜日からの3日間
検査項目:採血、尿検査、糖負荷試験、心電図、腹部エコー、胸部レントゲン、内視鏡(胃・大腸)、歯科検診(レントゲンを含む)
教育・診断:口腔衛生指導、栄養・保健指導、禁煙指導、総合診断

入院の詳細

入院受付は、いずれも当日8:30までに、医事課1番へお越しください。
当日入院の方は、すぐに検査が始まりますので、前日21時以降は禁飲食でお願いします。
遠方及び当日入院ができない方については、前日入院をお勧めしております。
前日入院の場合は、14:50までに、医事課1番へお越しください。(土日・祝日は応急治療室で受付します)

携行品
身体歴、自衛官診療証、筆記具、日用品、ジャージ等、スリッパ、内服薬(薬の説明書があれば持参)、イヤホン(テレビ視聴用)、使用中の方は眼鏡、入れ歯等

退院は、最終日の午前を予定していますが、検査の状況にほっては17時頃になることがあります。

メタボリックシンドローム対策集合訓練

自衛隊札幌病院では、メタボリックシンドロームの予防及び改善のため、メタボリックシンドローム対策集合訓練を実施しています。

対象の隊員

メタボリックシンドローム隊員に指定された自衛官
(慢性疾患等により通院治療中の者を除く)

実施日程

(1)水曜日~金曜日(3日間)
(2)水曜日~火曜日(1週間)
(3)水曜日~火曜日(2週間)

参加調整

各医務室の健康係を通じて、健康管理センターと参加希望日及び日程を調整してください。申し込み期限は2週間前の月曜日までで、定員に達し次第、受付を終了しております。
事前に記入して持参していただく書類等がありますので、詳細については、通達をご確認下さい。

防護マスク検眼

防護マスクの検眼は、眼科外来で行っています。
詳細は、各部隊化学担当者を通じ、健康管理センターに問い合わせて下さい。

ページのトップへ