Home
■ 編成完結式

平成31年1月7日(月)旭橋河川敷において第60回旭川冬まつり協力隊の編成完結式が行われました。
 大雪像のテーマは、「60yearsミュージアム〜歴史を刻んだ大雪像参上〜」であり、旭川冬まつり60周年を記念して、メインデザインを冬まつりの雪像制作に深く関わってきた自衛隊第2師団の前身である第七師団にゆかりがあり、国の重要文化財に指定されている旧偕行社と第1回冬まつりで制作された名古屋城を組み合わせ、60年の歴史を雪のレリーフで表現したデザインになっています。
 また、バルコニー雪像は、「旭川へカジャ(行こう)!!」と題して、韓国の水原(スウォン)市と旭川市が姉妹都市の提携を結んで30周年を記念し、「八達門(パルダル門)」を背景に「あさっぴー」と「ゆっきりん」をデザインに入れ、冬まつりの来場者を歓迎した作品になっています。
 担任官の第2特科連隊長 高橋1佐は、来場する多くの皆さんに「旭川の冬の魅力」を伝え、長く寒い冬に楽しみと活力を与えることができるよう、心を込めて作り上げてもらいたいと述べ「誇りと情熱をもって任務を完遂せよ」「組織力を発揮せよ」「安全管理を徹底せよ」の3点を要望しました。また、協力隊長 矢谷3佐を核心として協力隊が一致団結し、会場を訪れる多くの方々に「夢と希望と感動」を与えられる素晴らしい雪像を完成させてもらいたいと訓示しました。 
   


 
このホームページに掲載されている全ての文章・イラスト・写真等は全て陸上自衛隊第2師団に帰属します。
無断引用等はご遠慮下さい。利用希望につきましては、上記問い合わせ先迄ご連絡下さい。