本文へスキップ

TEL. 011-581-3191

〒005-8543 北海道札幌市南区真駒内17番地

雪まつりさっぽろ雪まつり協力

第69回(2018年)

68イメージ

「〜夢と感動を与え任務完遂〜」

 旅団は、平成29年10月5日から12月15日までの間及び平成30年1月7日から2月13日までの間、第69回さっぽろ雪まつり協力において大雪像2基の制作、雪輸送、音楽演奏を行いました。
 また、雪像制作期間には全員のヘルメットにステッカ「平和を仕事にする」を貼り、開催期間中には広報ブースを雪像近傍に開設して来場する方々に自衛隊の活動を広報し、会場に訪れた国内外の方に感動を与えることができた。
 


第68回(2017年)

68イメージ

「〜夢と感動を与え任務完遂〜」

 旅団は、平成28年9月23日、第68回札幌雪まつり協力に伴う準備協定を締結し、雪像制作に必要な資材の収集及び模型の作成等を開始、平成28年11月21日、協力協定に調印し、本格的な協力が開始され2基の大雪像の制作、雪輸送及び音楽演奏をしました。
 協力団長の要望事項である「情熱をかけて取り組め」、「自衛隊らしい活動をせよ」を具現し、雪まつり開催期間を通じて、訪れた方々に感動を与え任務を完遂することができた。


第66回(2015年)

66イメージ

〜夢と感動を与える任務を遂行〜

 第11旅団は、さっぽろ雪まつり協力団を編成し、大雪像制作等の協力を行った。
 1月7日から14日まで行った大通会場への雪輸送は、大型ダンプ1045両分、約5225トンとなった。
 雪輸送終了後、本格的な雪像制作を実施。雪像の粗削り、細部彫刻、アイスブロック制作・取り付けと昼夜問わず組織的に作業を行った。そして2月4日、4丁目会場の「雪のスター・ウォーズ」8丁目会場の「春日大社・中門」は無事完成し、任務を遂行した。


第65回(2014年)

○○○○○○○○イメージ

〜夢と感動を与え任務完遂〜

 第11旅団基幹で協力団を編成した、第65回さっぽろ雪まつりは、2月5日から11日まで開催した。 今雪まつりは暖気との戦いだった。1月末には季節外れの雨に見舞われ、完成を目前にして大規模な修復作業を強いられた。
 しかし、日本最大の冬のイベントを成功に導くとの思いを胸に、隊員たちは最後まで気を抜かず無事に大雪像を引き渡し、第65回さっぽろ雪まつり会場に訪れた多くの観客に感動を与えることができた。