本文へスキップ

TEL. 011-581-3191

〒005-8543 北海道札幌市南区真駒内17番地

駐屯地紹介駐屯地紹介

函館駐屯地

イメージ

所在地:〒042-0934 北海道函館市広野町6-18

 昭和25年8月に警察予備隊が創設され、同年10月に第2連隊第3大隊が道南防衛の要であるここ函館に移駐しました。
 その後、第106特科大隊、第101教育大隊の時代を経て第28普通科連隊が昭和37年8月、市民の熱烈な歓迎を受け、当時に移駐し、平成20年3月に旅団内連隊となり引き続き、函館駐屯地の基幹部隊として今日に至っています


美唄駐屯地

イメージ

所在地:〒072-0812 北海道美唄市南美唄町上1条4丁目

 昭和53年3月、67式30型ロケット弾発射機を装備する第126特科大隊を主要部隊として創設され、平成5年3月この部隊を基幹として陸の抑止力、専守防衛の新たな切り札としてSSM-1を装備する第2地対艦ミサイル連隊に新編されました。また災害・広報担当地域として美唄市及び月形町を担任しています。

滝川駐屯地

イメージ

所在地:〒073-0042 北海道滝川市和泉町236

作成中





岩見沢駐屯地

イメージ

所在地:〒068-0822 北海道岩見沢市日の出台4丁目313

 昭和28年2月28日、第532施設大隊が金沢駐屯地から移駐し、日の出台に誕生しました。
 その後、駐屯地の基幹部隊として第102施設大隊を経て、現在の第12施設群として伝統を継承しています。


真駒内駐屯地

イメージ

所在地:〒005-8543 北海道札幌市南区真駒内17番地

 昭和21年、米軍が真駒内全域に進駐、第11空挺師団が駐屯、基地は「キャンプ・クロスフォード」と呼ばれ、その後10年間占領軍の本土重要基地として占領業務の拠点となっていました。
 昭和27年に警察予備隊から保安隊に改編され、昭和29年に自衛隊が発足し、同年9月1日に真駒内駐屯が開庁しました。

丘珠駐屯地

イメージ

所在地:〒007-0880 北海道札幌市東区丘珠町161番地

 作成中





苗穂分屯地

イメージ

所在地:065-0043 北海道札幌市東区苗穂町7丁目1-1

 創設は、明治41年当時の輸送手段であった軍馬の飼料を補給する基地として陸軍秣本廠札幌派出所が設置されたことにより始まります。
 現在も100年の歴史を共に歩んだ当時の建物が5棟残っており、石造りの倉庫4棟は補給用品倉庫として、また当時の司令部庁舎はコミニュティーセンターとして利用しています。

倶知安駐屯地

イメージ

所在地:044-0076 北海道虻田郡倶知安町高砂232-2

 昭和30年9月、船岡駐屯地から第18普通科連隊第2大隊が移駐して開設され、昭和37年1月、11師団の新編、平成20年3月の11旅団へ改編を経て現在に至ります。