平成28年熊本地震に伴う災害派遣

 旅団は、平成28年4月14日に九州熊本地方で発生した地震災害に伴い、第11生活支援隊を編成して、部隊を被災地へ向かわせました。
 まず旅団の先頭を切って4月16日(土)に11飛行隊が北部方面航空隊のヘリコプターとともに被災地へ向かいました。その後、4月17日(日)に第18普通科連隊長を長として、旅団各隷下部隊で第11生活支援隊を編成して部隊を被災地へと派遣しました。
 派遣部隊は、準備を速やかに整えて苫小牧西港や函館港からフェリーに乗船して、青森港(一部、八戸港)からは陸路で、東北・東名・名神・山陽〜中国〜九州自動車道〜熊本地区へと1,700kmに及ぶ道のりを移動しました。


第11生活支援隊の活動状況
(日にちをクリックしてください)

・5月4日(屋根のシート張り・入浴支援施設)
・4月28日(給水支援・屋根のシート張り)
・4月26日(物資輸送及び給水支援)
・4月24日(入浴支援)
・4月23日(炊き出し支援)
・4月18日21日〜22日(調整会議等)
・4月18日〜21日(移動)
・4月16日(飛行隊出発)


旅団TOPページへ戻る