トップページ>駐屯地紹介>美唄駐屯地

駐屯地紹介

美唄駐屯地

  美唄市は北海道の石狩平野のほぼ中間に位置し、東に道央自動車道路、西端を石狩川が流れ、中央を函館本線と国道12号線が通る交通の要衡であ ります。
 駐屯地は、昭和53年3月、30型ロケット大隊を装備する第126特科大隊を主要部隊として創設され、平成5年3月この部隊を基幹として陸の抑止力、専守防衛の新たな切り札としてSSM-1を装備する第2地対艦ミサイル連隊に新編されました。
 また災害・広報担当者地域として美唄市及び月形町を担任しております。

駐屯地の歩み

昭和53年1月 美唄駐屯地業務隊編成
昭和53年3月 第126特科大隊が東千歳から美唄へ移駐
平成2年4月 体育館新設
平成4年12月 野整備工場新設
平成4年12月 生活隊舎(魅沙偉瑠館)新設
平成5年3月 第126特科大隊廃止
平成5年3月 第2地対艦ミサイル連隊新編
平成5年12月 美の里官舎新設
平成12年3月 第101特科直接支援大隊第4直接支援中隊新編
平成15年2月 生活隊舎「かぶら館」新設

駐屯地周辺写真

美唄駐屯地正門
美唄駐屯地正門
駐屯地から石狩平野と美唄市街を望む
駐屯地から石狩平野と美唄市街を望む
第2地対艦連隊の発射機を整列
第2地対艦連隊の発射機を整列
射撃の瞬間
射撃の瞬間
トップの戻る