トップページ 駐屯地の紹介 駐屯地司令挨拶 所在部隊 最近の出来事 活動記録 広報活動 イベント情報

 
 
中部方面特科隊 第14高射特科隊

特科直接支援隊 高射直接支援小隊

第110教育大隊 松山駐屯地業務隊

会計隊 基地通信隊

警務隊    
 

【中部方面特科隊の沿革】
 中部方面特科隊は、昭和56年3月、第13師団(乙)改編に伴い、第13特科連隊第4大隊及び第5大隊第12中隊を基幹部隊とし、第6大隊から1個高射中隊を新編して、日本原駐屯地において編成された第2混成団特科大隊をルーツとする部隊です。
 以来、日本原の地において、第2混成団の対地・対空火力の骨幹としての任務を達成すべく「13特に負けるな!」を合言葉に練成に励みました。その後、装備火砲が牽引10H及び牽引15HからFH70に改編され、更に平成6年3月には日本原から松山へ部隊移動し、松山駐屯地の主力部隊として、また混成団火力の骨幹部隊としてその伝統を重ねてきました。
 平成18年3月、第2混成団の旅団改編により第14特科隊に、また、この度の第14旅団の機動旅団化改編により、中部方面特科隊として生まれ変わりましたが、日本原時代から培ってきた、その精神はこれからも受け継がれてゆくことでしょう。
       
中部方面特科隊長
1等陸佐
内野敏紀
 
 
 
 
 
     
   
    本部管理中隊は、指揮、通信、連絡及び情報等の能力を有する旗本中隊であるとともに、特科隊最大の中隊であり、多様な役割に即応できるよう、日々訓練に励んでおります。防災・広報担当地域は、松山市、東温市、伊予市、松前町、砥部町及び久万高原町の3市3町であり、各自治体等が計画する防災訓練等に参加し、地域の理解と信頼を獲得できるよう、その練度向上を図っております。
 
中隊長 1等陸尉 菅 貴光    要望事項
 「実行(効)(考)」
     
   
中隊長 3等陸佐 河野智礼
    我が第1中隊は、特科隊の頭号中隊としての誇りと自覚を堅持し、祖国防衛を柱とした自衛隊の果たすべき多様な任務を完遂すべく、連日連夜訓練に励んでおります。また、中隊の所属隊員の多くは愛媛県出身者であり、郷土部隊としての誇りも高く、災害派遣等の任務遂行においても地域の皆様に安心していただける活動ができると自負しております。
 特に中隊の防災・広報担当地域である「西条市・新居浜市・四国中央市」の各自治体の皆様とは、平素より防災訓練や各種の行事等でご一緒する機会があると思います。その際には、額に汗する若い隊員に激励あるいは叱咤の言葉をおかけください。地域の皆様の一言一言が中隊の精強化の一助になりますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 
 要望事項
 「目標に向かって前向きに」
 「一致団結」
     
   
中隊長 1等陸尉 田中智洋
    第2中隊は、155mm榴弾砲を5門装備する射撃部隊です。 また、所属隊員の大半が愛媛県出身で、郷土愛に満ちあふれた部隊でもあり ます。
 我々は、防衛・警備及び災害派遣等の任務に即応できるよう、日々訓練に励ん でおります。これからも、地域の皆様に信頼され、御期待に応え得るよう精進い たしますので、御理解と御支援をよろしくお願いいたします。
 
 要望事項
 「弾先」
     
   
中隊長 3等陸佐 太田克也
    第3中隊は、諸先輩方が築かれた良き伝統を継承し、積極進取の気風に富んだ中隊です。八幡浜市、大洲市、西予市、内子町、伊方町を防災・広報担当地域とし、自治体の防災訓練に積極的に参加する等連携を図り、より密着した支援・活動の実現を目指しています。
 地域の皆様から信頼を得られる精強な部隊を目指し、日々訓練に精進して参ります。今後もご理解とご支援をよろしくお願いします。
 
 要望事項
 「一心にやれ」

 
   第14高射特科隊は、平成18年の旅団改編と同時に新編され、平成29年3月で11年目を迎えました。
 隊は、低空レーダ(P9)、監視レーダ(P14)、81式短距離地対空誘導弾(短SAM)及び93式近距離地対空誘導弾(近SAM)を装備し、空からの脅威に対して監視及び射撃を実施する第14旅団唯一の対空作戦の骨幹となる部隊です。
 隊全隊員は与えられた任務はもとより、日々訓練に励み更に上を目指して切磋琢磨し、災害派遣に備えつつ、各種行事等に積極的に参加し、地域と共に活動し皆様の期待と信頼に応えられるよう努力しています。
 要望事項
 「支え合い、即応」
隊長 2等陸佐 千石裕之    

 
 特科及び高射直接支援隊は、平成18年3月に新編され、それぞれの被支援部隊である中部方面特科隊、第14高射特科隊、松山駐屯地業務隊及び愛媛地方協力本部との連携もスムーズに実施できるとともに駐屯地周辺地域の方々にも少しずつ我々の存在感を認識して頂けたらと考えます。
 今後、より一層部内外の方々からの信頼を強固なものとし、松山駐屯地に直接支援隊ありと胸を張ってアピールできるよう引き続き任務に邁進いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
隊長 1等陸尉 堀井大輔    

 
 特科及び高射直接支援隊は、平成18年3月に新編され、それぞれの被支援部隊である中部方面特科隊、第14高射特科隊、松山駐屯地業務隊及び愛媛地方協力本部との連携もスムーズに実施できるとともに駐屯地周辺地域の方々にも少しずつ我々の存在感を認識して頂けたらと考えます。
 今後、より一層部内外の方々からの信頼を強固なものとし、松山駐屯地に直接支援隊ありと胸を張ってアピールできるよう引き続き任務に邁進いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
小隊長 3等陸尉 水野翔太    

 
 第110教育大隊は、昭和34年に善通寺駐屯地で編制され、平成30年2月9日に、ここ松山駐屯地に部隊移動して参りました。
 大隊本部と3つの教育中隊からなる部隊で、新入隊員等を教育する専門部隊です。多いときには360名
の新入隊員を受け持ち、自衛官として必要な心と技と体を鍛えることが任務です。
 ここ松山駐屯地は、昔、第4陸曹教育隊などの教育部隊が駐屯し、中部方面隊における教育のメッカであったと聞いております。私事で恐縮ですが、自衛官であった私の父も、ここ松山駐屯地に入校していたことがあり、「松山は良いところだ。」、「松山は良いところだ。」と繰り返し言っていたのを覚えております。
 第110教育大隊は、この松山の地において、人を教え育むDNAを引き継ぎ、社会に役立つ自衛官を育てて参ります。そして、地域と一体となり松山の活性化に貢献して参ります。
 街で新入隊員を見かけたら是非「がんばれよ」と声をかけていただければと思います。
  要望事項
 「社会に役に立つ人の育成」
大隊長 2等陸佐 藤井鉄也    

 
 松山駐屯地業務隊は、総務科・管理科・補給科・厚生科・衛生科からなり、隊長以下約70名の隊員で構成されています。
 任務は、駐屯部隊・隊員の勤務・生活関連施設の維持管理、給食業務、福利厚生、共済組合業務、保健衛生業務、補給整備業務のほか演習場の維持管理等、国有財産の管理業務の担任です。
 「おもてなしの心」をモットーに、駐屯部隊及び使用部隊が快適に活動及び生活ができるように、日々各種業務に  また、駐屯地と地域社会との接点として、地元の方々との懇談会等を通じて相互の意思疎通を図り、よりよい地域社会の構築に貢献できるよう努めています。
業務隊長 2等陸佐 米田周作    

 
 第348会計隊松山派遣隊は、平成27年3月に7名で改編されました。派遣隊は、給与・会計・契約の3機能を有し、隊員の給与計算、旅費の支払い、物品・糧食品の調達及び工事・役務契約等の業務を実施しています。特に契約業務については地域との繋がりが大きく、今までどおり良好な関係を維持しつつ、部隊等の特性に応じ「和をもって尊しとなす」をモットーに駐屯地・部隊・隊員のために尽力して参ります。
 今後ともよろしくお願いします。
会計隊長 1等陸尉 三野勝久    

 
 第323基地通信中隊松山派遣隊は、信務電信班、電話・搬送班、から編成される部隊です。派遣隊の任務は、一年365日、24時間不断のなく駐屯地所在部隊等のための指揮・連絡の手段として要望される通信を構成・維持・運営することにあります。
 また、駐屯地と民間の皆様とを結ぶ「駐屯地の声の窓口として電話交換業務を担当し、利用者の皆様から好感と信頼を頂いております。
 今後も、「きめ細やかなサービス」・「利用者の立場で対応」をモットーに、日々努力していきますので、よろしくお願いします。
基通隊長 2等陸尉 中越浩二    

 
 警務隊は、防衛相直轄部隊として組織され、刑事訴訟・自衛隊法に基づき独自の捜査権限を持ち、自衛隊内部における秩序の維持を任務とした部隊です。
 主要業務は、犯罪の捜査等の司法警察業務と警護、道路交通統制、犯罪の予防等の警務業務を実施しております。
 当隊は、昭和29年9月に第339警務分遣隊として発足、平成20年3月に第133地区警務隊松山連絡班(本部・香川県善通寺駐屯地)として新編され現在に至っております。
 現在「部隊から信頼される警務隊」を目標に少数精鋭で勤務しております。
警務隊長 2等陸尉 根岸功治    

▼トップ  ▼駐屯地の紹介  ▼駐屯地司令挨拶  ▼所在部隊  ▼最近の出来事  ▼活動記録  ▼広報活動  ▼イベント情報  ▼利用規約
陸上自衛隊松山駐屯地 〒791-0298愛媛県松山市南梅本町乙115 TEL(代)089-975-0911
E-mail : adm-plans-sta-14b-ma@inet.gsdf.mod.go.jp
All images are copyrights ©1955 JGSDF Camp Matsuyama All Rights Reserved.