TOPページ 連隊長紹介 沿革 編成 フォトギャラリー 災害派遣

―  沿   革  ―

自衛隊の前身である警察予備隊が創設された昭和25年に、旧陸軍山砲兵(大砲の部隊)第9連隊跡地に金沢営舎(現金沢駐屯地)が新設されました。
金沢市野田町周辺の航空写真(昭和21年撮影) 旧陸軍山砲兵第9連隊の本部庁舎
金沢市野田町周辺の航空写真 旧陸軍山砲兵第9連隊の本部庁舎
※赤枠が旧陸軍山砲兵9連隊跡地  ※第14普通科連隊本部の庁舎としても
   使用された。
 その後、幾度の改称・改編を経て昭和29年9月、第14普通科連隊が編成されました。

 昭和37年1月、師団の改編に伴い、連隊本部及び本部管理中隊、4個の普通科中隊及び重迫撃砲中隊による編成がとられ、平成16年3月の師団改編では、新たに対戦車中隊が編成されました.
 
 平成26年3月の師団改編に伴い、対戦車中隊が廃止され現在に至っております。
                
 第14普通科連隊が創設されるまで
昭和27年(1952年) 10月15日 保安隊と改称
昭和29年(1954年) 7月 1日陸上自衛隊と改称
 9月25日 陸乙般命第3号により第14普通科連隊編成完結
■ その後・・・
昭和29年(1954年) 10月 9日 第1管区総監の指揮下に入る
昭和33年(1958年) 6月26日 第10混成団長の指揮下に入る
昭和37年(1962年) 1月18日第10師団と改称・改編
師団の改編に伴い第14普通科連隊編成完結
平成16年(2004年) 3月29日 中期防衛整備計画に基づき第10師団改編
師団の改編に伴い第14普通科連隊編成完結
平成26年(2014年)  3月26日 師団の改編に伴い第14普通科連隊編成完結