自衛官募集ホームページ Japan Self Defense Forces
募集コールセンター
フリーダイヤル:0120-063792 年中無休 受付時間 12:00?20:00
メールは問い合わせページから
防衛省・自衛隊

トップ  > 各種募集種目 > 防衛医科大学校医学科学生

防衛医科大学校医学科学生

防衛医科大学校医学科学生とは

防衛医科大学イメージ

将来、医師である幹部自衛官となる者を養成する制度です。6年間の教育訓練と全寮制の規律ある団体生活を通じて、医師としての知識や技能のほかに、生命の尊厳への理解やあらゆる任務を遂行できる強靱な体力も養ってゆきます。医師でありかつ幹部自衛官としての重責を担ってゆける資質を備えた人材を求めます。

募集要項

応募資格 高卒(見込含)21歳未満
受付期間 平成28年9月5日(月)~30日(金)
試験科目 1次:学力試験
2次:口述試験、小論文試験及び身体検査
試験日程 1次:平成28年10月29日(土)・10月30日(日)
2次:平成28年12月14日(水)~16日(金)の間の指定された日
合格発表 1次:平成28年11月30日(水)
最終:平成29年2月15日(水)
入隊時期 平成29年4月上旬

防衛医科大学校医学科学生関連動画

prev
  • ムービーを再生する

    種目紹介動画
    [4:52]

    防衛医科大学校医学科学生
    防衛医科大学校医学科学生についてご紹介します。
  • ムービーを再生する

    インタビュー動画
    [1:23]

    防衛医科大学校医学科学生に聞く
    防衛医科大学校医学科学生に志望動機や自衛隊の生活、志望者へのメッセージなどをインタビューしました。
  • ムービーを再生する

    レポート動画
    [11:06]

    防衛医科大学校医学科学生の一日
    医師である幹部自衛官を目指す、防衛医科大学校医学科学生の一日を追いました。
  • ムービーを再生する

    学校紹介動画
    [7:37]

    防衛医科大学校紹介
    防衛医科大学校についてご紹介します。
prev

応募から受験までの流れ

Step 1:まずはお問い合わせ

応募に関しての詳細は、募集コールセンターもしくは日本全国各地区に設置された地方協力本部へお気軽にお問い合わせください。

募集コールセンター フリーダイヤル 0120-063792 年中無休 受付時間 12時?20時
お問い合わせ
地方協力本部
資料請求
札幌地方協力本部 TEL. 011(631)5471?2
リンク
資料請求
函館地方協力本部 TEL.0138-53-6241?2
リンク
資料請求
旭川地方協力本部 TEL.0166-51-6055・6060
リンク
資料請求
帯広地方協力本部 TEL.0155-23-2485・5882
リンク
資料請求
青森地方協力本部 TEL.017-776-1594?5
リンク
資料請求
岩手地方協力本部 TEL.019-623-3236?8
リンク
資料請求
宮城地方協力本部 TEL.022-295-2611?3
リンク
資料請求
秋田地方協力本部 TEL.018-823-5404?5
リンク
資料請求
山形地方協力本部 TEL.023-622-0711?2
リンク
資料請求
福島地方協力本部 TEL.024-546-1919?21
リンク
資料請求
茨城地方協力本部 TEL.029-231-3315?7
リンク
資料請求
栃木地方協力本部 TEL.028-634-3385?7
リンク
資料請求
群馬地方協力本部 TEL.027-221-4471?3
リンク
資料請求
埼玉地方協力本部 TEL.048-831-6043?5
リンク
資料請求
千葉地方協力本部 TEL.043-251-7151?4
リンク
資料請求
東京地方協力本部 TEL.03-3260-0543
リンク
資料請求
神奈川地方協力本部 TEL.045-662-9429
リンク
資料請求
新潟地方協力本部 TEL.025-229-3232・0320
リンク
資料請求
山梨地方協力本部 TEL.055-253-1591?2
リンク
資料請求
長野地方協力本部 TEL.026-233-2108?9
リンク
資料請求
静岡地方協力本部 TEL.054-261-3151?3
リンク
資料請求
富山地方協力本部 TEL.076-441-3271
リンク
資料請求
石川地方協力本部 TEL.076-291-6250
リンク
資料請求
福井地方協力本部 TEL.0776-23-1910
リンク
資料請求
岐阜地方協力本部 TEL.058-232-3127?8
リンク
資料請求
愛知地方協力本部 TEL.052-331-6266?9
リンク
資料請求
三重地方協力本部 TEL.059-228-4722
リンク
資料請求
滋賀地方協力本部 TEL.077-524-6446
リンク
資料請求
京都地方協力本部 TEL.075-211-3471?2
リンク
資料請求
大阪地方協力本部 TEL.06-6942-0541?4
リンク
資料請求
兵庫地方協力本部 TEL.078-261-9777・8600
リンク
資料請求
奈良地方協力本部 TEL.0742-23-7001?2
リンク
資料請求
和歌山地方協力本部 TEL.073-422-5116
リンク
資料請求
鳥取地方協力本部 TEL.0857-23-2251?2
リンク
資料請求
島根地方協力本部 TEL.0852-21-0015
リンク
資料請求
岡山地方協力本部 TEL.086-226-0361?2
リンク
資料請求
広島地方協力本部 TEL.082-221-2957
リンク
資料請求
山口地方協力本部 TEL.083-922-2325
リンク
資料請求
徳島地方協力本部 TEL.088-623-2220?2
リンク
資料請求
香川地方協力本部 TEL.087-831-0231?2
リンク
資料請求
愛媛地方協力本部 TEL.087-831-0231?2
リンク
資料請求
高知地方協力本部 TEL.088-822-6128?30
リンク
資料請求
福岡地方協力本部 TEL.092-584-1881
リンク
資料請求
佐賀地方協力本部 TEL.0952-24-2291?3
リンク
資料請求
長崎地方協力本部 TEL.095-826-8844?6
リンク
資料請求
大分地方協力本部 TEL.097-536-6271?2
リンク
資料請求
熊本地方協力本部 TEL.096-366-1271?3
リンク
資料請求
宮崎地方協力本部 TEL.0985-53-2643?5
リンク
資料請求
鹿児島地方協力本部 TEL.099-253-8920
リンク
資料請求
沖縄地方協力本部 TEL.098-866-5457?8
リンク
資料請求

Step 2:自衛官が親身にお応えします!

応募から受験、入隊後の処遇から取得資格など、さまざまな疑問に対して、地方協力本部の自衛官が懇切丁寧にご説明します。

パンフレット・防衛医科大学校募集案内 PDF形式・4.4MB ダウンロード
パンフレット・ガイダンスB(高卒等対象募集案内) PDF形式・10.2MB ダウンロード
防衛医科大学校医学科学生募集要項 PDF形式・0.5MB ダウンロード

Step 3:志願票を提出

防衛医科大学校医学科学生の募集は、9月から10月上旬に行います。受験にあたっては、事前に志願票を最寄の地方協力本部へ提出してください。

志願票

PDF形式・0.3MB ダウンロード
受験票 PDF形式・0.1MB ダウンロード

Step 4:受験・合格発表

防衛医科大学校医学科学生の試験は筆記試験と口述試験、身体検査が行われます。

第1次試験
筆記試験:国語、数学、英語、理科
合格発表:地方協力本部への掲示および本人宛通知(合格者のみ)
第2次試験
口述試験、小論文及び身体検査
合格発表:地方協力本部、防衛医科大学校への掲示、および本人宛通知(合格者のみ)

Step 5:入隊

翌年4月防衛医科大学校本科学生として採用され、入校することになります。

教育

防衛医科大学校は、学校教育法に基づき医学教育を行う大学の設置基準に準拠して教育を実施しています。また、その教育目標は、自衛隊医官の特性を基調とした人格、識見ともに優れた有能な総合臨床医の養成を目標としています。本校の教育課程は、1年次から2年次にわたる進学課程、1年次後半から6年次までの専門課程、1年次から6年次までの訓練課程により構成されています。

進学課程

進学課程は、高い知性と倫理観を備えた高潔な人格及び豊かな教養を身に付けた人間味あふれる医師の育成に重点を置いて教育を行うことに配慮しています。
一般教育科目(人文系・社会系)、外国語科目、保健体育科目、基礎教育科目

専門課程

専門課程は、21の臓器別等の授業科目で構成され、基礎医学(解剖学、生理学、薬理学、病理学等)と臨床医学(内科学、外科学、小児科学、放射線医学等) を有機的に統合させた形の講義、実習及び病院実習を通じて、医師として必要な専門知識や診断法などを効率よく習得できるよう配慮しています。
専門教育科目18系・3実習

病院実習

4年次後半から6年次までの間、「内科系臨床実習」及び「外科系臨床実習」として病院におけるBSL(Bed Side Learning)を中心に臨床教育が行われます。この臨床実習で、より実践的な教育を行うため、臨床前準備教育として「基本的診療技能実習」が行われます。

イメージ写真

訓練課程

医師である幹部自衛官の自覚を促すための教育訓練が6年間で合計507時間行われます。

イメージ写真

将来の進路

・卒業後は陸・海・空曹長に任命され、幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校します。
・幹部候補生学校では、幹部自衛官として必要な知識及び技術の修得のための教育を約6週間受けます。
・医師国家試験に合格し、かつ幹部候補生学校を卒業した者は2等陸・海・空尉に昇任します。
・医師免許を取得した者は、2年間の臨床研修を防衛医科大学校病院などで受けます。
・その後各自衛隊の病院、部隊などに勤務します。なお、卒業後9年間は自衛隊に勤務する義務があります。
・自衛隊を退職する場合やむを得ぬ理由で、卒業後9年未満に自衛隊を離職する場合は、卒業までの経費をしなければなりません。償還金の額は隊員としての勤務期間によって計算されます。
例)平成25年3月の卒業生の償還最高額4,603万円。

学生手当

毎月 111,800円(平成28年4月1日現在)
※学生手当については、法律の改正により改正される場合があります。
賞与 年2回(6月、12月)
費用 入学金・授業料の納入はありません。

このページの先頭へ

  • メールお問い合わせ
  • 地方協力本部にコンタクト