各種募集種目


自衛隊幹部候補生
一般及び歯科・薬剤科の幹部自衛官となる者を養成する制度です。

医科・歯科幹部
陸上・海上・航空自衛隊の各衛生部門において、隊員の医療、健康管理指導等の業務に携わる幹部自衛官となる者を採用する制度です。
※第1回で採用予定数を採用した場合、第2回は実施いたしません。

技術海上幹部・技術航空幹部
海上自衛隊または航空自衛隊の技術分野で活躍する幹部自衛官となる者を採用する制度です。

陸上自衛官(看護)
自衛隊中央病院、自衛隊地区病院、部隊等で看護業務に携わる看護師有資格者を採用する制度です。

技術海曹・技術空曹
技術分野で即戦力として活躍する海上自衛官または航空自衛官となる者を採用する制度です。

航空学生
海上・航空自衛隊のパイロット等を養成する制度です。

一般曹候補生
陸上・海上・航空自衛隊の曹となる自衛官を養成する制度です。

自衛官候補生
採用後「自衛官候補生」(特別職国家公務員)に任命され、自衛官となるために必要な基礎的教育訓練に専念する制度です。自衛官候補生として所要の教育を経て3ヶ月後に2等陸・海・空士(任期制自衛官)に任官します。

防衛大学校学生
将来、陸上・海上・航空自衛隊の幹部自衛官となる者(パイロット要員を含む。)を4年間の修業期間において養成する制度です。

防衛医科大学校医学科学生
医師である幹部自衛官となる者を6年間の修業期間において養成する制度です。

防衛医科大学校看護学科学生(自衛官候補看護学生)
保健師・看護師である幹部自衛官となるべく4年間の教育を受け国家資格の取得を目指します。

高等工科学校生徒
中学校卒業者を対象とした、身分は特別国家公務員「生徒」で、手当の支給を受けながら高等学校教育等を受ける制度です。

貸費学生(技術)
大学(大学院*)に在学する学生で、理学及び工学を専攻し、修学後にその専攻した学術を応用して自衛隊に勤務しようとする学生に学資金を貸与する制度です。
*(専門職大学院を除く。)

予備自衛官補
一般社会人や学生の方を対象として、試験により予備自衛官補として採用し、所定の教育訓練終了後、予備自衛官として任用する制度です。
※静岡県は関東・甲信越に含み、東海には含まれません。
注:第1回で採用予定数を採用した場合、第2回目は実施しない場合があります。

トップページ

自衛官にコンタクト
募集コールセンター
(年中無休 受付時間 12時〜20時)

0120-063792
(守ろうみんなの国)

不明点は募集担当窓口へ

地方協力本部に資料請求

大学生はカレッジリクルータに相談


ページトップへ

サイトマップ
利用規約
プライバシーポリシー

(C)2008-2014 Japan Self Defense Forces All Rights Reserved.