自衛隊の活動


国の防衛
災害派遣
国際平和協力活動
地域社会・国民とのかかわり

■国の防衛

自衛隊の使命の第一は日本の平和と独立を維持することです。国際社会において地域紛争や国際テロなど、複雑で多様な問題が発生し続けている中で、日本がその影響を被る可能性はゼロではありません。万一、武力攻撃などの有事に見舞われた場合に、国民の生命と財産を守るためには、常日頃からの備えが必要不可欠です。

自衛隊では、平時においてもさまざまな準備・訓練を行い、万一外部からの侵略行為があった場合には即座に効果的な対応ができるように備えています。また、日本周辺の海や空を常時パトロールして有事の可能性をいち早く発見するなど、国民の生活が脅かされることのないよう防衛力の強化に努めています。これらの取り組みを通じて自衛隊の確かな防衛力を広く示すことは、侵略行為の未然防止にもつながっています。

●陸上自衛隊

陸上自衛隊では、14万人を超える隊員が日本の平和と独立を維持するために日夜任務に取り組んでいます。万一、国土への侵略行為があった場合には、防衛の中心的な役割を担います。

●海上自衛隊

四面を海に囲まれた日本においては、海上からの侵略を防衛する必要があります。護衛艦部隊・潜水艦部隊・海上自衛隊に属する航空機部隊が連携して、海上からの脅威を防ぎます。また、海上交通の安全確保も重要な任務です。

●航空自衛隊

現代戦においては、航空作戦は戦いの勝敗を左右する重要な要素です。航空優勢を獲得して国民と国土の被害を防ぎます。また、平時においても日本の領空を侵犯する航空機や弾道ミサイルなど空からの脅威に対する警戒体制を取り、侵略を未然に防止しています。

国の防衛
災害派遣
国際平和協力活動
地域社会・国民とのかかわり
自衛隊の活動
トップページ

自衛官にコンタクト
募集コールセンター
(年中無休 受付時間 12時〜20時)

0120-063792
(守ろうみんなの国)

不明点は募集担当窓口へ

地方協力本部に資料請求

大学生はカレッジリクルータに相談


ページトップへ

サイトマップ
利用規約
プライバシーポリシー

(C)2008-2014 Japan Self Defense Forces All Rights Reserved.